年収・所得・手取りの違い

 新入社員の皆さん年収・手取り・所得の違いはっきり説明できる?

 年収○○万円って書いてあるのに、もらえる給料を見てがっかり。

 こんなことない?

 年収500万円、手取りはいくら?

 そして、所得はいくらでしょうか?

 まず、年収・手取り・所得の違いを知ろう。

年収とは?

 年収とは、その年の収入の総額のこと。

 給与所得者の場合は、税込み(税金や社会保険料などをすべて含んだ)金額の支給総額が年収となる。

 源泉徴収票の「支払い金額」にあたる。

 一般に、『通勤費で、月額10万円以内・制服などの貸与・出張旅費などの精算・社内規定などに基づいて支給される祝い金やお見舞い金』は年収には含まれない。

所得とは?

 一定期間に,個人・企業などの経済主体が勤労・事業・資産などによって得た収入から,それを得るのに要した経費を差し引いた残りの額。

 サラリーマンの場合の所得

 『年収』-給与所得控除額=所得(課税所得)。

 源泉徴収票の『給与所得控除後の金額』が所得となる。

 給与所得控除の額は、年収(源泉徴収票の「支払い金額」)に応じて決められている。

給与等の収入金額(給与所得の源泉徴収票の支払金額)による給与所得控除額

・1,800,000円以下⇔給与所得控除額=収入金額×40% 650,000円に満たない場合には650,000円。

・1,800,000円超 3,600,000円以下⇔給与所得控除額=収入金額×30%+180,000円。

・3,600,000円超 6,600,000円以下⇔給与所得控除額=収入金額×20%+540,000円。

・6,600,000円超 10,000,000円以下⇔給与所得控除額=収入金額×10%+1,200,000円

・10,000,000円超  15,000,000円以下⇔給与所得控除額=収入金額×5%+1,700,000円。

・15,000,000円超⇔給与所得控除額=2,450,000円(上限)。

給与所得の源泉徴収票が2枚以上ある場合には、それらの支払金額の合計額により上記の表を適用。

手取りとは?

 手取りは、『年収』-給与所得控除額-社会保険料等の金額(健康保険、年金、雇用保険の各保険料)-所得税-住民税+交通費など。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする