スポンサーリンク

健康保険料の料金を安くする方法

 サラリーマンにとって負担の大きい健康保険料。

 ちょっとでも安くできないかなあ。

 健康保険料の料金を安くする。

 実はできなくもないんだ、健康保険の保険料を安くすること。

 まずは、健康保険料の決まり方からみてみよう。

健康保険料の決まり方

 サラリーマンの健康保険料は、去年の所得から計算されている。

 のではないのです。

 サラリーマンの給料から天引きされている健康保険料は、4~6月の給与の平均値をもとに算出されている。

 これが正しい。

 4月から6月の給与の平均値×5%=1年間の健康保険料の月額。

 ここに40歳以上なら介護保険料がプラスされる。

健康保険料の料金を安くする方法

 ずばり、健康保険料を安くするためには、4月から6月まではできるだけ残業しないこと。

 残業するなといわれても、なかなかそうは行かないけど、頭の中に入れておくだけでもちょっとは違うかも。