介護休業平成29年改正

 介護休業制度が平成29年(2017年)1月1日から改正になった。

 介護休業のどこが改正になったかちょっと見てみよう。

[スポンサーリンク]

従来の介護休業制度

  • 同一家族について連続3ヶ月間を限度として1回限り 
  • 休みを始める2週間前までに申し出。介護休暇は1日単位。
  • 介護休業制度の対象となるのは雇用期間が1年以上の人。
  • 雇用保険から賃金の40%が介護休業給付金として支給される。

平成29年1月1日からの介護休業制度

  • 同一の対象家族については通算して93日(3ヶ月間)まで、要介護状態が生じるたびに1回ずつ、複数回に分けて介護休業を取得できる。
  • 雇用保険からの介護休業給付金が67%に引き上げ。
  • 介護のための残業免除制度・所定労働時間の短縮制度の新設。
  • 介護休暇は半日単位。  

なぜ今介護休業制度の改正となった?

 なぜ、介護休業制度が今改正となったのかというと、

 最大の原因は「介護休業習得率の低さ」。

 4年前の調査で介護離職者の数が介護休業収得者を上回っていることから、現行の制度を利用しやすくした。

 特に問題になっていたのが「同一家族について連続3ヶ月間を限度として1回限り」という制限。

 育児は未来の予測がつくが、介護はいつ終わるかが予想がつかないため、従来の1回限りの介護休業では、使いにくいという現実的な問題があり、今回は「3回に分けての介護休業の習得が可能」となった。

介護休業の知名度の低さも

 従来の介護休業の使いにくさも問題だが、さらに問題なのは「介護休業」そのものの知名度の低さ。

 介護休業制度があるのはわかっていても「給料が出ない」「昇進等に差し支える」などで利用しない人もいる。

 雇用保険で給付があるということを知らない人もいて、「無給では生活していけない」と介護休業を利用できない人もいる。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

未払賃金立替払制度の対象となる条件とは

未払賃金立替払制度の対象となる条件とは

休憩時間の3大原則「自由利用の原則」の例外となる職種
厚生年金保険料給料の何%か?
介護休業メリットとデメリット

介護休業メリットとデメリット

休憩時間の三大原則と休憩時間を設けなくてもよいとされる職種
給与明細じっくり見たことある?何が給与明細に書いてあるか知ろう
介護休業や介護休暇の対象となるのは

介護休業や介護休暇の対象となるのは

住民税がかからない収入って何がある?
賃金の全額払いの原則の例外として認められるもの
月給から差し引かれる所得税の計算は結構いい加減
休暇と休日・休憩時間ってどう違う?

休暇と休日・休憩時間ってどう違う?

給与明細(給与支払い明細)の中の非課税になる項目は?
「退職所得の需給に関する申告書」を出さないと退職金に余分な税金がかかる
雇用と委託や請負による労働の違い

雇用と委託や請負による労働の違い

法定休日と法定外休日があるって知ってた?

法定休日と法定外休日があるって知ってた?

Menu

HOME

 TOP