スポンサーリンク

タブレットでの平成26年度分確定申告書等作成コーナー利用の注意点

 平成26年度分の確定申告作成コーナーが利用できるようになっている。

 最近利用者の多いタブレット末端での平成26年度分の確定申告作成コーナーの利用についてはちょっと注意が必要。

 今日はタブレット末端での平成26年度分の確定申告作成コーナーの利用の注意点についてご紹介する。

タブレット末端で作成できる平成26年度分の確定申告作成コーナー申告書は限られている

タブレット末端で作成できる確定申告作成コーナー申告書

  • 所得税及び復興特別所得税の申告書

タブレット末端で作成できない確定申告作成コーナー申告書

  • 贈与税のの申告書
  • 決算書・収支内訳書作成更正の請求書
  • 修正申告書

タブレット末端ではe-Taxの送信はできない

 タブレット末端での確定申告は書面提出のみ。

 タブレット末端ではe-Taxの送信はできない。

申告書作成の中断はできない

 タブレット端末では、入力したデータ自体の保存機能を利用することができない。

平成26年度分の確定申告作成コーナータブレット末端利用のまとめ

 タブレット末端というのがどのOSを示すのかが不明だが、AndroidとかiOSかなあ。

 データーの途中保存ができないのがタブレットでの平成26年度分確定申告作成コーナー利用のネック。

 ちなみにWindowsパソコンでの利用はWindowsVista、Windows7、Windows8.1。

 Mac OSの場合Mac OS10.7、Mac OS10.8、Mac OS10.9がそれぞれ利用できる。