地震保険と火災保険、保険料は合わせて幾ら?

 地震保険は、火災保険とワンセット。

 地震保険単独で加入するわけには行かない。

 ということで、実際の保険料は、火災保険+地震保険の保険料を払うことになる。

 じゃあ、実際には、どのくらい払う計算になるんだろう?

[スポンサーリンク]

火災保険料と地震保険料、トータルは幾ら?

保険料の前提となる条件

・地震保険の割合は火災保険の50%

・期間一年・

火災保険の保証内容は極ベーシックなもの

・保険料の割引は考慮しない。

火災保険の保障額は2000万(地震保険1000万)の場合

 鉄骨造、鉄筋コンクリート造など東京(地震保険料が一番高い地域)岩手(地震保険料が一番安い地域)
火災保険2000万円 8,340円 7,920円
地震保険1000万円 16,900円 5,000円
 計 25 ,240円/年 12 ,920円/年
 木骨造、木造など 東京(地震保険料が一番高い地域)岩手(地震保険料が一番安い地域)
火災保険2000万円 16,180円 16,580円
地震保険1000万円 31,300円 10,000円
 計 47 480円/年 26 580円/年

 *上の表は、例としてセコムの火災保険(ベーシックプラン)+地震保険の保険料、保障内容の詳細は、各保険会社に問い合わせのこと

 さらに、地震保険には耐震基準や払い込み方法(地震保険料は5年位までの一括払いなど)で割引がある。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

0.3%以上の1年定期預金

noimage

栃木銀行給与振込口座指定キャンペーン

noimage

東京スター銀行ATM

noimage

銀行預金はインフレに弱いは本当か?

noimage

土下座の強制は罪になるのか?

noimage
noimage

雇用保険の保険料率

noimage
noimage

日経平均株価とは?

noimage

SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン

noimage

利付国庫債券(5年)(第106回)募集開始

noimage

投資リスクを少なくする、分散投資の考え方

noimage

信用金庫と信用組合ってどう違う?

noimage

日経平均株価・上げ幅600円超4年8カ月ぶり

noimage

Menu

HOME

 TOP