手数料一覧

金融機関・公的機関の各種手数料についてのページ。

退職時の企業型確定拠出年金の取り扱いに注意

確定拠出年金の企業型確定拠出年金(DC)は、退職時の取り扱いには注意がいる。退職後の手続き期間は6か月。6か月以内に、解約するか確定拠出年金の個人型(iDeCo)に加入するかを決め、手続きをする。では、何の手続きもしなかった場合どうなるか?

記事を読む

投資信託の手数料は投資家の利益を圧迫する

同じ投資信託を購入するのでも、証券会社によって手数料の額が違う。しかも、投資信託にかかる手数料と言うのは、1種類だけじゃない。手数料が高いと投資信託で利益が出ても利益を相殺してしまう。投資信託にかかる手数料を考えてみよう。

記事を読む

組み戻し(組戻)って何?銀行振り込みの手続き手数料

銀行の手数料を見ていると、組み戻しという言葉が出てくることがある。組み戻し(組戻)っていったい何なんだろう?

記事を読む

振込手数料無料比べてみよう-住信SBIネット銀行VSスルガ銀行

条件次第で振込手数料が無料になる住信SBIネット銀行とスルガ銀行の振込手数料無料条件を比べてみようかと思う。どうかなどうかな?

記事を読む

硬貨(小銭)は使うが吉

1円玉や500円玉、銀行にもっていって通帳に入れようと思った人ご注意。今の銀行って、大量の硬貨をもっていくと手数料を取られる。1円玉なんかだと、手数料のほうが持って行ったお金より高くなったりする。

記事を読む

ハードルが低いスルガ銀行で振込手数料無料

お金を振り込むことが多ければ、スルガ銀行のインターネットバンキングもお得だ。条件を満たせば月10回まで振込手数料が無料になる。しかも、振込手数料無料の条件のハードルが低い。

記事を読む

振込手数料無料回数-住信SBIネット銀行

取引次第で振込手数料が無料になる銀行もある。でも、振込手数料無料になる条件って厳しいんでしょう?そんなこともないかも。住信SBIネット銀行の振込手数料無料回数を見てみよう。

記事を読む

色々な銀行から住信SBIネット銀行のハイブリット口座に資金を移す手順

振込手数料がかかる金融機関でも、SBI証券の即時入金システムやリアルタイム入金サービスを利用すれば無手数料で住信SBIネット銀行に資金を移すことができる。住信SBIネット銀行は使い勝手が良いので、資金移動のテクニックとして覚えておいて。

記事を読む

インターネットバンキング・ダイレクトバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングの違い

銀行取引も最近ではインターネットバイキングやテレホンバンキングを使うほうが、得する場合が多い。では、インターネットバンキング・オンラインバンキング・ダイレクトバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング、違いはいったい何?

記事を読む

大和ネクスト銀行からの振り込みをしようとしたら問題が生じた

大和ネクスト銀行で振り込みをしようとした。普段使っている住信SBIネット銀行や楽天銀行の振込手数料無料回数を超えそうになったので、大和ネクスト銀行から振り込みをして、手数料を無料にしようとしたのだ。でも、ちょっと問題が生じた。

記事を読む