記事内に広告が含まれています。

年末調整

PR
税金について知ろう

年末調整で社会保険料控除の記載が必要となるケース

年末調整の給与所得者の保険料控除申告書に書き込む保険料には、社会保険料・生命保険料・地震保険料などがある。通常、健康保険や年金保険料・雇用保険料等の社会保険料は会社で記入してくれる。が、社会保険料についても年末調整で記載するケースもある。
税金について知ろう

国民健康保険料を年末調整しよう

今年の1月1日から12月31日までの間、国民健康保険料を支払ったことのある会社員の方。支払った国民健康保険料は、年末調整で収入から控除してもらおう。会社の健康保険料は、何もしなくても収入から控除されるが国民健康保険料は手続しないと損をする。
税金について知ろう

国民年金保険料を年末調整しよう

今年入社した会社員。再就職した会社員。会社に入る前の国民年金保険料を年末調整の時にちゃんと書き込まないと損するよ。年末調整の対象期間は、その年の1月1日から12月31日。その期間の途中で会社員になった人は、国民年金保険料を払ったはず。
税金について知ろう

サラリーマンのにも必要経費は認められる-給与所得控除と特定支出控除

サラリーマンは、必要経費が計上でき無いからつまらない。と嘆いているサラリーマン、OLの皆さん。ちゃんとサラリーマンも必要経費が計上されている。もらった給与収入に応じて、給与所得控除という控除があるのだ。また、特定支出控除というのもあるよ。
税金について知ろう

扶養控除等(異動)申告書の寡婦・寡夫・障害者・勤労学生の意味と控除

寡婦・寡夫・障害者・勤労学生とはどんな人か?これを知らないと所得税で損をする。年末調整の扶養控除等(異動)申告書のC欄から下は、寡婦・寡夫・障害者・勤労学生の記入欄になっている。ここを記入することでそれぞれ該当する控除を受けることができる。
税金について知ろう

年末調整で住宅ローン減税を受けるためには?

俗に言う住宅ローン減税は1年目は確定申告が必要だが、2年目以降なら年末調整するだけで所得税が安くなる。住宅ローン減税とよく聞くけど、正式には、「住宅借入金等特別控除」という。
税金について知ろう

年末調整する人しない人、出来ることと出来ないこと

大体11月上旬から下旬、年末調整の書類提出のお知らせが会社から従業員に配布される。今回は「年末調整が必要な人はどんな人?」「年末調整で何ができるか?」「年末調整ではなく確定申告が必要な場合」「確定申告と年末調整が必要なケース」について。
税金について知ろう

配偶者控除と配偶者特別控除が大きく変わる平成30年度の所得税

2018年(平成30年)度の税金で大きく変わるのが「配偶者控除」「配偶者特別控除」。改正のポイントは、「納税者本人の合計所得金額によって控除額が変わる」「配偶者の合計所得金額による控除額段階が変わる」という点。変更点を見てみよう。
税金について知ろう

年末調整の用紙が変わる-書き方で戸惑わないようにね

2018年(平成30年)度から配偶者控除などが変わったため、年末調整の用紙も変わった。今まで2種類だったのが、3種類になって、会社の担当部署とかも混乱するかも。どんなふうに年末調整の用紙が変わったか、記載する時に注意する点はどこか?メモ。
お給料や労働条件について知ろう

年末調整ができない人はどんな人?

年末調整の紙は、よく出来てる。年末調整そのものが、『書くだけで極力計算しなくて良い』という便利な制度。項目に沿って書いて証明書さえつけておけば、控除対象になるかどうかは会社がやってくれる。2018年度からは、項目が増えて面倒になったけど。
PR