続々発覚、金融機関の反社会勢力融資

 みずほ銀行から端を発した暴力団融資問題。

 みずほ銀行だけでなく、あちこちの金融機関から提携ローン経由の暴力団融資が発覚している。

大手保険会社14社のうち9社で反社会勢力へ融資

 大手保険会社14社のうち9社で提携ローンを通じて、反社会勢力へ融資が行われていた。

 7社は自社で借り手の審査をしていなかったことが分かった。

 現在、金融庁が自主的に報告するよう求めている。

新生銀行でも反社会勢力への融資

 新生銀行でも、信販会社を通じて貸した自動車ローンなどに、暴力団組員らへの融資が十数件含まれていた。

 金融庁の指示で調べたところ分かったという

みずほ信託銀行と三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行でも反社会勢力への融資

 大手信託銀行3行も、自社で借り手の審査をほとんどせずに信販会社に「丸投げ」していたことが朝日新聞の調べでわかった。

 融資の一部には、暴力団組員らへの融資も含まれていた。

 3行ともグループ内外の信販会社を通じて貸していたが、三井住友信託銀はグループ内の信販会社を通じたローンだけは自社で審査していた。

 金融庁から夏ごろ、一斉点検を求められ、社内調査を始めた。

 まあ、ごろごろ出てくるわけ。

 その割りに、TVニュースにはならないような気がするけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする