スポンサーリンク

スルガ銀行から住信SBIネット銀行のハイブリット口座に資金を移す手順

 この間、スルガ銀行の定期預金が満期になった。

 この後の投資先をどうしようかとまた悩んでいる。

 しかし、スルガ銀行の普通預金に入れておいても仕方ないので、とりあえず、住信SBIネット銀行のハイブリット口座に資金を移すことにした。

 コンビニか郵便局でキャッシュカードを使って振り返ることもできるのだが、今回は、なんとなく出かける気にならず。

 今回は、SBI証券を間に通して、スルガ銀行から、住信SBIネット銀行のハイブリット口座に資金を移すことにした。

 駿河銀行の場合、デビットサービスでSBI証券と連携としているので、リアルタイム・無手数料で SBI証券口座に資金が振り込まれる。


スルガ銀行から住信SBIネット銀行のハイブリット口座に資金を移す手順

1、SBI証券へログイン→口座管理→入金指示。

2、振替・照会サービス→振替サービスへ→金額とSBI証券の取引パスワードを入力→確認→振替実行→銀行のログイン画面へ飛ぶ。

3、銀行口座にログイン。

4、振替金額を確認して、取引パスワードを入力。

5、翌営業日の0時にSBI証券の口座からハイブリッド預金に資金移動がされる。


 これで、ハイブリット預金に資金移動完了。

 普通預金より高金利だし、しかもペイオフの対象になる。

 ちなみに、住信SBIネット銀行のハイブリット預金口座とSBI証券の即時入金システムを連動させて、住信SBIネット銀行への資金移動ができるのは、ゆうちょ銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJダイレクト・三井住友銀行・セブン銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・スルガ銀行。

 そのうち、楽天銀行の資金も住信SBIネット銀行へ移してしまおうと思っている。

 だって、楽天銀行は使い勝手悪いんだもん。

 ちなみに、今回入金したお金は、半分は住信SBIネット銀行の劣後債、もう半分は、住信SBIネット銀行の円建て仕組み預金に入金しようかと思っている次第。

 18日に住信SBIネット銀行の劣後債の仮条件が確定してから、決めようと思っている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする