スポンサーリンク

仕組み預金は、ペイオフ(預金保護)の対象となるか?

 仕組み預金は、満期特約型仕組み預金(マルチコーラブル預金)・ 元本通貨変動型仕組み預金の2種類がある。

 満期特約型仕組み預金(マルチコーラブル預金)は、元本が保証されている。

 一方、?元本通貨変動型仕組み預金 のほうは、元本われもありうる。

 では、仕組み預金は、ペイオフ・預金保護の対象になるのだろうか?


仕組み預金はペイオフの対象になるか?

1、満期特約型仕組み預金(マルチコーラブル預金)
 預金保護の対象になる。

2、元本通貨変動型仕組み預金
 ・日本円で受け取った場合→預金保護の対象になる。
 ・外国通貨で受け取った場合→預金保護の対象とならない。


 ちなみに、住信SBIネット銀行の仕組み預金は、元本通貨変動型 円仕組預金(愛称:コイントス)・元本通貨変動ノックアウト型 外貨仕組預金「オセロ」・マルチコーラブル預金プレーオフがある。

元本通貨変動型 円仕組預金(愛称:コイントス)
 元本の払戻通貨を円貨または特約通貨に決定する権利”を住信SBIネット銀行に付与する代わりに、好金利を実現させた円仕組預金。預金の元本の払戻通貨を決定する権利住信SBIネット銀行にある。
 利息は、円で支払われる。

元本通貨変動ノックアウト型 外貨仕組預金「オセロ」
「円貨」又は「外貨」で預入れる。
満期時の元本の受取りが、特約により「外貨」もしくは「円貨(特約通貨)」のいずれかとなる、満期時の元本通貨が変動する預金商品。
なお、利息は必ず「外貨」にて支払われる。

 と言うことで、プレーオフは預金保護(ペイオフ)の対象。

 コイントスは受け取り時の通貨によって、預金保護の対象になる場合とならない場合がある。

 オセロは、預金保護の対象にならない。