ゆうちょ銀行への振込みについて知ろう

 ゆうちょ銀行への他の銀行からの振込みをしたい場合、振込用の店名・口座番号(7桁)と言うのを使う。

 本来、ゆうちょ銀行の通帳などに記載されているのは、記号(5桁)番号(8桁)。

 でも、この記号(5桁)番号(8桁)のままだと他の銀行からの振込み入金はできない。

 現在のゆうちょ銀行の通帳には、記号(5桁)番号(8桁)とは別に、振込用の店名・口座番号(7桁)が記載されているのだが・・・。

 古い通帳の中には、振込用の店名・口座番号(7桁)が記載されていない場合も有ったりする。

 ゆうちょ銀行へ通帳を持っていけば、振込用の店名・口座番号(7桁)を印字してくれる。

 ちなみに、ゆうちょ銀行のホームページには、記号(5桁)番号(8桁)を振込用の店名・口座番号(7桁)へ変換してくれるページも存在する。

 ホームページに訪問しなくても記号(5桁)番号(8桁)から振込用の店名・口座番号(7桁)を知る方法もある。


ゆうちょ銀行の通帳に振込用の店名・口座番号(7桁)が記載されている場合

・振込用の店名・口座番号(7桁)は通帳の表紙を開いた下のほうに記載されている

例)この口座を他金融機関からの振込みの受け取り口座として利用される際は次の内容をご指定ください
   【店名】○○○ (読み   )
   【店番】△△△【預金種目】普通預金【口座番号】▼▼▼▼▼▼▼

 通常はこの番号に振込みを行う。


振込用の店名・口座番号(7桁)がわからない場合

1、ゆうちょ銀行の通帳の記号(5桁)の数字の1番目が1から始まる場合。

店名
 記号の2番目3番目の数字に8を加えたものが店名・店番となる。
 例)記号 10530→店名 058

振込み用口座番号(7桁)
 番号の末尾の1を抜いた数
 例)12345671→1234567

2、ゆうちょ銀行の通帳の記号(5桁)の数字が0から始まる場合。

店名
 記号の2番目3番目の数字に9を加えたもの
 例)記号 00530→店名 059

振込み用口座番号(7桁)
 番号をそのまま記載

 最近は、ゆうちょ銀行への振込み入金に対応する銀行も増えてきた。

 ATMで振り込むことのできる銀行もある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする