投資信託を購入するときは、販売手数料が安い証券会社などで購入する

 証券会社だけでなく、銀行窓口でも投資信託の購入ができる。

 が、証券会社で購入する投資信託も証券会社で購入する投資信託も、運用している会社は同じだ。

 要するに、証券会社や銀行は、八百屋さんみたいなもの。

 野菜を売るのは八百屋さんだが、八百屋さんでは野菜は作ってない。


 投資信託を売るのは証券会社や銀行だが、投資信託を作って育てているのは、運用会社というわけ。

 同じ生産者の野菜でも、八百屋さんによって値段が違うように、投資信託も販売する会社によって値段(手数料)が違う。



 投資信託の販売手数料は銀行や証券会社の利益になる。

 信託報酬のほうは、投資信託を育てるためのコストと思えばわかりやすい。



 と言うわけで、信託報酬については、同じ会社の同じ投資信託なら、どこでも同じ値段。

 一方、投資信託の販売手数料は、銀行や証券会社によって違いがある。



 投資信託の購入を検討するときには、販売手数料が安い証券会社や銀行を使うのが賢いやりかた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする