SBI証券・投信積立銀行引落サービス

 SBI証券で、新しく始まったサービスがひとつ。

 投信積立の代金を、指定の銀行口座から毎月自動的に引落して買付ができる投信積立銀行引落サービスと言うのがそれ。

 今までは、SBI証券へ振り込み入金するか、住信SBIネット銀行のハイブリット預金を開設して、其処に資金を入金しておかねばならず、ついうっかり、投資信託の買い付け金を入金し忘れて、買い付けができないなんて事態が生じる場合があったのだが。

 この投信積立銀行引落サービスを使うと、資金を入れ忘れて、投資信託の買い付けができないなんてことがなくなる。


投信積立銀行引落サービスの特徴

・申し込みや設定変更はWEB上で完了
 書類の郵送などの手間は係らない。

・投信積立代金の引落日は、毎月14日または27日(休業日の場合は翌営業日)のどちらかを選択。
 *積立買付設定可能日は、毎月1日から27日および月末。

引落に利用可能な金融機関は、都市銀行5行を含め、地方銀行、信用金庫など合わせて222行
 *ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行は利用できない。


投信積立銀行引落サービスの申し込み方法

1、SBI証券にログイン

2、【投資信託】のタブをクリック。

3、画面のサイドカラムに【投信積立銀行引落サービス】のリンクがあるので、其処をクリック。

4、【投信積立銀行引落サービスのお申し込み】ボタンをクリック。

5、「電子交付サービスの承諾画面」ボタンをクリック→「承諾する」をクリック。

6、個人情報の第三者提供への同意。
 それぞれの同意書のリンクをクリックする→中身を確認し、同意のチェックボックスをチェック→次へをクリック。

7、「投信積立銀行引落サービス約款」の同意画面が出てくる。
 投信積立銀行引落サービス約款の書面へのリンクがあるので其処をクリック。
 中身を読んだら、チェックボックスにチェックを入れて、取引パスワードを入力のうえ、「口座振替登録画面」ボタンをクリック。

8、引き落とし銀行の選択画面に進む。

9、必要事項を記入。

10、サイト上から、指定銀行へログイン。

11、利用金融機関での手続きが完了すると、登録結果が正常に完了確認の画面が出てくる。→「確認」ボタンをクリック。

12、SBI証券の画面に戻る

13、「投信積立銀行引落サービス 設定確認・変更」画面が表示されますので、設定内容を確認。

14、「口座管理>登録情報一覧>お取引関連・口座情報>投信積立銀行引落サービス」画面にて「確認・変更」を選択し、引き落とし日などを変更する。


 詳細は、SBI証券で確認してね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする