住信SBIネット銀行ハイブリット預金とSBI証券の即時入金システムで裏技

  住信SBIネット銀行のハイブリット預金口座とSBI証券の即時入金システムを使った面白い裏技をおひとつ。

 無料かつ簡単にゆうちょ銀行みずほ銀行・三菱東京UFJダイレクト・三井住友銀行・ セブン銀行楽天銀行・ ジャパンネット銀行・ スルガ銀行の各銀行から住信SBIネット銀行への資金移動ができる。


SBI証券へ即時入金資金は、住信SBIネット銀行のハイブリット預金口座の残高に反映される

 他の銀行からSBI証券へ即時入金システムで入金したとする。

 SBI証券へ入金された資金は、住信SBIネット銀行のハイブリット預金の方の残高に自動的に反映される。

 住信SBIネット銀行のハイブリット預金の方は、預金保護の対象となる円建ての預金だ。

 住信SBIネット銀行のハイブリット預金の金利は、住信SBIネット銀行の普通預金の金利より高いが、定期預金金利よりは低い設定。

 SBI証券の即時入金システムのほうは、手数料なしで提携する銀行からSBI証券に資金振込みが即日にされるサービス。

 SBI証券の即時入金システムでSBI証券に入金された資金=住信SBIネット銀行のハイブリット預金の方の残高という形になるので、住信SBIネット銀行のハイブリット預金から住信SBIネット銀行の普通預金にネット上の手続きだけで振り返ることもできる。

 住信SBIネット銀行のハイブリット預金から住信SBIネット銀行の普通預金に振り替えは手数料などがかからない。


楽天銀行から住信SBIネット銀行への資金移動に便利

 楽天銀行は一度入金すると出金に手数料がかかって、資金の移動が大変だ。

 しかし、SBI証券の口座と住信SBIネット銀行のハイブリット預金の口座を持っていれば、振り込み手数料なしで楽天銀行→住信SBIネット銀行への資金の預け替えが簡単にできてしまう。


利用価値は他の銀行からの資金の移し変えにも

 通常、銀行間の資金の移動は、振り込み手数料が取られる。

 振込み手数料を取られたくなければ、ATMや金融機関の窓口でお金を下ろして、再度他の金融機関に入金する。

 でも、住信SBIネット銀行のハイブリット預金口座とSBI証券の即時入金システムの連動性を使うと振り込み手数料もかからなければ、ATMや窓口で預け替えをする必要もない。

 ゆうちょ銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJダイレクト・三井住友銀行・セブン銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・スルガ銀行の各銀行から住信SBIネット銀行への資金移動がインターネット上の手続きで簡単にかつ無料でできてしまう。


 住信SBIネット銀行は他人名義の他行振込みでも月三回までは振込み手数料が無料で大変利便性が高い。

 メインバンクは、他の銀行でも、もっておいて損の無い銀行口座だ。

 けど、メインバンクがゆうちょ銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJダイレクト・三井住友銀行・セブン銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・スルガ銀行の人でも、住信SBIネット銀行のハイブリット預金口座とSBI証券の即時入金システムを使うと住信SBIネット銀行のメリットをより享受できるよ。

 住信SBIネット銀行の口座開設もSBI証券の口座開設も無料でできるし、特に株とかを買う必要も無い。

 ゆうちょ銀行みずほ銀行三菱東京UFJダイレクト三井住友銀行セブン銀行楽天銀行ジャパンネット銀行スルガ銀行から住信SBIネット銀行への資金移動のためだけでも口座開設するメリットは大きい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする