楽天銀行とは直接関係無いが、楽天の姿勢を見せ付けてる、関越事故

  楽天銀行との直接な関係は無いけど・・・。

 関越道のバス事故、楽天トラベルを通じて、予約していた人たちに、『ご乗車いかがでしたか?』って楽天メールからメールが届いたんだって。

 自動配信のアンケートメールだが、確かに無神経だ。

 アンケートメール自体は、サービスの質の向上につなげる意図もある。

 楽天市場を使うと、必ずこういうアンケートメールが届くようになっている。

 けど、使ったバス会社のデーターなどは残ってるはずなんだから、ちょっと意識していれば、自動メールなどおめられたんじゃ内科と思う。

 5月4日24:48分現在、楽天トラベルに謝罪文が出た形跡はなし。

 楽天市場にも謝罪文は出ていない。

 連休中で会社に誰もいないのか?

 もしかしてTVのニュースも社員全員知らないとか???


 それとも『楽天は関係ない』と思ってるのか?

 確かに事故自体は、楽天には関係ないけど、事故後のアンケートメールへの謝罪くらいは出したほうがいいんじゃないだろうか?


 危機管理意識に欠けてるとしかいいようがないと思うんだけど。

 最近楽天銀行とかも、楽天グループの利益追求が目立つ。

 楽天のサービスをものすごくたくさん使わないとメリットがない。

 要するに楽天に多額のお金を落とさないと、楽天銀行を使う意味が内容になっている。


 と言う傾向にプラスして、この有様。


 銀行業も確かに企業だろうから、自社の利益を最優先に考えるのはわかるけど、度が過ぎると、信用を失う。

 ちょっと考えたほうがいいんじゃないかな?と常々楽天銀行や楽天に関しては思ってるんだけど。

 こんなことしてると、何か起こったときの銀行業務や証券業務に対する対応も信用できないなと思ってしまう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする