郵政民営化見直しはどうなる?

 郵政民営化で変わったことといえば『保険の支払いや集金を郵便局の人にしてもらえなくなった』ってことかな?

 昔は、職場や自宅に簡保の保険料の集金に来てくれたり、預金を預かりに来てくれたりしてた。

 今は、窓口まで行かないと行けないということで不便だって人もいるみたいだ。


 郵政民営化の見直しで、そこら辺、昔のように集金に来てもらえるようになるのかね?

 高齢者などにとっては、手続きしたら、預金などの解約代金などを自宅に持ってきてもらえるとかのサービスも合わせて検討してもらうと助かるかも。


 一方で、自宅や職場でお金を預けた場合、其れが詐欺などの犯罪につながらないように気をつける必要が出てくるよね。


 しかし、郵政民営化後は窓口の人は、丁寧になった。


 前は、えらそうだったもん・・・・。
 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする