来年2022年4月(令和4年4月)から年金受給開始年齢が変わるよ

 2022年4月(令和4年4月)から年金受給年齢が受給開始年齢が75歳になる。

 年金が75歳からしかもらえなくなるの?

 生活できないよ。

 うちの会社は、まだ60歳定年なんだよ!

 本当かな?

 さて、2022年4月からの年金受給開始年齢変更得か損か?

 現在の老齢年金の受給開始年齢と2022年4月からの老齢年金受給開始年齢を比較してみよう。

現在の老齢年金の受給開始年齢と受給額

 現在の老齢年金の受給開始年齢は60歳から70歳まで。

 65歳を基準にして、60歳から64歳までの間に老齢年金をもらい始めることを「繰り上げ」という。

 66歳から70歳までの間に老齢年金をもらい始めることを「繰り下げ」という。

60歳から64歳までの間に老齢年金をもらい始めると年金額はどうなる?

 60歳から64歳までの間に老齢年金をもらい始める「年金受給開始年齢の繰り上げ」をすると65歳で老齢年金をもらい始めるより、月にもらえる年金額が少なくなる。

 繰り上げた月数分、0.5%ずつ年金額がへる。

 年に6%の減額となる。

66歳から70歳までの間に老齢年金をもらい始めると年金額はどうなる

 「年金受給開始年齢の繰り下げ」をすると月にもらえる年金額は65歳で年金をもらい始めるより多くなる。

 繰り下げた月数分、0.7%ずつ年金額が増える。

 年に8.4%の増額となる。

2022年4月からの年金受給開始年齢と年金受給額

 さて、2022年4月からはどうなるか?

65歳からの老齢年金受給額が基準になるのは変わりなし

 2022年からも65歳の老齢年金受給が基準になるのは変わりない。

年金の繰り上げ受給についても現状と変わりなし

 年金の繰り上げ受給についても現状と変わりない。

 60歳から64歳までの間に老齢年金をもらい始める「年金受給開始年齢の繰り上げ」をすると65歳で老齢年金をもらい始めるより、月にもらえる年金額が少なくなる。

 繰り上げた月数分、0.5%ずつ年金額がへる。

 年に6%の減額となる。

年金受給開始年齢の繰り下げの年齢幅が広がる

 変わりがあるのは、年金受給開始年齢の繰り下げ。

 現状は60歳から70歳の受取開始期間なのが、60歳から75歳まで選択できるようになる。

 繰り下げた月数分、0.7%ずつ年金額が増える。

 年に8.4%の増額となる。

75歳から老齢年金の受給を開始すると得か損か?

 年金受給開始年齢を70歳まで繰り下げると年金額は42%の増額。

 年金受給開始年齢を75歳まで繰り下げると84%の増額。

 一見得そうに見えるが、もらえる年金総額が得になるのは、87歳以上長生きした場合。

 長生きできるかどうかはだれにもわからないし、この先、年金受給額が減ることも考えられるので、得かどうかは微妙。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする