スポンサーリンク

e-Taxの電子証明書の有効期限を確認する方法

 確定申告をe-Tax(電子送信)でしようと思う人、電子証明書の有効期限は大丈夫?

 e-Tax(電子送信)の電子証明書の有効期限は3年。

 「e-Tax(電子送信)なら夜中でも簡単にできるから」とのんびり構えていて、いざって時に「電子証明が期限切れで使えない」なんてことにならないように、電子証明の有効期限を確認しておこう。

住民基本台帳カードの有効期限と電子証明の有効期限は違う

 確定申告の電子証明は住民基本台帳カードのICの中に入っている。

 住民基本台帳カードの有効期限は10年。

 でも、住民基本台帳カードに打刻されているのは、住民基本台帳カードの有効期限であって、電子証明の有効期限では無いのだ。

 では、電子証明の有効期限を確認するにはどうすればいいか?

電子証明の期限の確認の仕方

 電子証明書の有効期限を確認するには、自宅のパソコンでICカードリーダライタに住民基本台帳カードを挿入又は接触させ、利用者クライアントソフトの機能から有効期間を表示させる。

1、ICカードリーダライタをパソコンにつなぎ、ICカードリーダライタに住民基本台帳カードを挿入する。 

2、『スタート』→『すべてのプログラム』→『公的個人認証サービス』→『JPKI利用者ソフト』と開いていく。

電子証明有効期限の確認・プログラムの起動

3、「JPKI利用者ソフト」のウィンドウが開いたら[自分の証明書(U)]をクリック。

電子証明の確認

4、公的個人認証サービスのパスワード入力画面が開くので、パスワードを入力し、『OK』をクリック。

電子証明書の有効期限が切れていたら

 「電子証明書の有効期限が切れていた!」という人は、「住民基本台帳カード」と「住所を証明できるもの」をもってすぐに市役所へ。

 その場で作ってくれる。

 作成料金は無料。

 電子証明その作成にかかる時間は30ぷん弱ぐらいだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする