境界層制度って生活保護と違うんですか?

 境界層制度なんていう制度、皆さん知ってる?

 生活保護のようで生活保護じゃない境界層制度っていったい何?

介護施設に入ったときにかかるお金は収入による

 境界層制度は、介護施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設)に入ったときのお金に関係している制度だ。

介護施設入所費用と収入

 特別養護老人ホームや老人保健施設に入所する場合の費用は、入所する人の収入によって決まってくる。

 大体、4段階の収入に分けられている。

第1段階

生活保護受給者または、所属する世帯全員が市町村民税非課税で老齢福祉年金(障害年金・遺族年金)受給者。

第2段階

所属する世帯全員が市町村民税非課税で、かつ課税年金収入額と合計所得年金額が80万円以下。

第3段階

所属する世帯全員が市町村民税非課税で、利用者第2段階以外。

第4段階

課税世帯で、第2・第3段階に属さない。

ただし高齢者二人暮らし世帯などで、一人が施設に入所しその利用料を負担すると自宅で暮らす方の生活が困難になると市町村が認めた場合は、利用者負担第3段階になる。

 とまあ、この4段階で介護施設の入所料金などが変わってくるわけ。

 資産がない人でちょっとだけ厚生年金をもらっている。

 なんて人は、介護施設の入所費用もまかなえないケースがある。

 こんな場合に使えるのが、境界層制度。

生活保護のようで生活保護じゃない境界層制度

 境界層制度は介護施設利用料の自己負担を減らす制度。

 介護施設の利用料を収入段階に応じて払うと、生活保護を受けないと特別養護老人ホームや老人保健施設に入れないような人が対象となる。

境界層制度の手続き

 境界層制度の手続きは、生活保護を申請するところから始まる。

  1. 生活保護の申請
  2. 資産調査
  3. 他法活用(境界層措置)により生活保護却下
  4. 境界層該当証明書の発行

 で、介護施設の施設費用(負担限度額)が所得に応じて安くなる。

 いったん、生活保護を申請する形なので、基本的には資産(預金とか掛け捨て以外の保険など)がある人は使えない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする