持病があっても入れる保険の一生涯補償はとくか?

 持病があるからと、医療保険をあきらめていませんか?からはじまる、医療保険のCM、持病があっても医療保険に入れるのはいいけど、ほとんど詳しい説明がCMでされていない。


 ほんとに、持病があっても入れる医療保険って、お得なんだろうか?


☆一生涯保障が続くというけれど・・・。

 売り文句のひとつに『保険料○○円で、保障は一生涯』という文句もよく聞く。


 これ、単純に聞くと『一生、病気になった時の入院費を保証してくれる』という風に聞こえる。


 が、これが、たいてい大間違い。


 問題になるのは、保障日数というもの。


 例えば、180日間の保障日数との記載があれば、『保険料○○円で、保障は一生涯の中の180日間保障します』って意味だ。


 保険料と保障日数を比較して、損得勘定を考えないと、『思っていたのと違う』という羽目になる。



 例えば

 女性・保険料3000円/月・保障日数180日・入院保障5000円/日の場合

・保障される保険金総額=180×5000円=90 万円。

・保険料3000円×12ヶ月=36 000円/年

*25年間の保険料払い込み額と補償額が同額。


 加入後、25年未満で、180日の入院をすれば、損得ゼロ。

 女性・保険料3000円/月・保障日数60日・入院保障5000円/日の場合

・保障される保険金総額=60×5000円=30 万円。

・保険料3000円×12ヶ月=36 000円/年

*10年間の保険料払い込み額と補償額が同額。


 加入後、10年未満で、60日の入院をすれば、損得ゼロ。

  女性・保険料3000円/月・保障日数60日・入院保障3000円/日の場合

・保障される保険金総額=60×3000円=18 万円。

・保険料3000円×12ヶ月=36 000円/年

*6年間の保険料払い込み額と補償額が同額。


 加入後、6年未満で、60日の入院をすれば、損得ゼロ。


 てな具合。


 現実的には、『保険加入後の1年間は、保証は半額』とか『保険加入前の病気が原因の入院は保障されない』とか言う条件もたいていつくから、もっと、不利。


 特に『保険加入前の病気が原因の入院』というのが曲者だと思う。



 病名は違っても、元の病気が原因で、ほかの病気が出たとか言うのは、補償されない対象となるんじゃないだろうか?



 ここら辺は、契約しようと思う保険会社に確認をきちんとすべき。




 ま、保険の保障日数の問題は、別に、持病があっても入れる保険に限らない。


 普通の医療保険に入る場合でも、おんなじことが言えるんだけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする