スポンサーリンク

入ったほうがいい保険と必要のない保険を見極めよう

 日本は、公的な保障制度が充実している。

 そのくせ、民間の保険が大好き。

 誰が得をするって保険会社ってケースが多い。

 それでも、やっぱり民間の保険に加入しておいたほうがいいっていう保険商品もある。

 どうしても入っておきたい保険はどんなものだろう?

 ちょっと考えてみよう。

絶対に入っておきたい保険

・マイカー所有者は自動車保険は必要。

・マイホームがある人は、火災保険と地震保険。

・賃貸の人も火災保険は必要。

・専業主婦の死亡保険は入っておいたほうがいい。

あまり必要のない保険

・医療保険

 公的健康保険(国民健康保険でも)には高額療養費という制度があり、1カ月の医療費の自己負担が一定額を超えた分は還付される。

・住宅ローンを払っている場合の世帯主の死亡保険

 ローンを組む前提に、ローンとセットで死亡や重度の障害に対する保障をつけている場合がほとんど。

・先進医療特約

 先進医療特約の場合、保険の受け取り条件に達しない人がほとんど。

 また、将来的には、公的健康保険の対象となる場合もある。

ほとんど必要のない保険

・生存祝い金や健康祝い金などの一時金が払われるタイプの保険や特約。

 同様の保障の保険の保険料より割高な保険料を支払うことになる。

 ま、あくまで管理人の私見。

 お金に余裕がある人は、入っておいても良いかも知れないけど。

 全部入ったら『保険貧乏』になっちゃうからねえ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする