ガスコンロの火がすぐ消える

 ガスコンロの火がすぐ消えてしまった。

 1口なら、掃除が行き届かなくて、火がつかないとか、鍋の底が濡れていて火がつかないとか考えられるが、グリルも含めて全部、いったん火がつくが、すぐ消えてしまう。

 これで、全く火がつかなければ、故障か電池切れだが…。

 困って、ガス屋さんを呼んだ。

ガスコンロの火がすぐ消えてしまう原因

 ガスコンロの火がすぐ消えてしまう原因としては

掃除が行き届かなく、コンロの穴がふさがっている
鍋の底が濡れていて、火が消えてしまう
電池の接続が悪い
その他

 こんな感じ。

 今回は、電池の接続が悪かったせいみたいだ。

 コンロの電池を何回か、入れたり外したりしたら、火がつくようになった。

「その他」の場合もあるから厄介

 今回は、コンロの乾電池の接続不良で、火はつくが、すぐ消えてしまう。

 というのが原因だった。

 「自分で電池をちゃんと確認しろよ」という、皆様のお叱りの声が聞こえてきそうだ。

 でも、実は、電池は自分でもいじってみたの、でも、同じ状況。

 さらには、約1年位前、旅行から帰った日に、同じように「ガスコンロの火がすぐ消えてしまう」という現象に見舞われている。

 この時は、「ガスの業者が、外のガス器具を交換した時に、不都合があり、空気だか何だかが入ってしまって、ガスの火が安定しない」というのが原因だったのだ。

 なので、今回も、ガス業者さんが何かしたのかと思った次第。

 ごめんよ…。

 ガス屋さん。

 来てくれてありがとうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする