インターネットバンキング・ダイレクトバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングの違い

  銀行取引も最近ではインターネットバイキングやテレホンバンキングを使うほうが、得する場合が多い。

 そもそも、ネットバンクなどでは、インターネットバンキングが取引のメイン。

 が、なんとなくわかっているつもりでいるけど、インターネットバンキング・オンラインバンキング・ダイレクトバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング、違いはいったい何?

ダイレクトバンキングとは?

 ダイレクトバンキングとは、銀行の窓口やATMなどに行かなくても、各種銀行取引が可能なサービスのこと。

 インターネットバンキング・テレフォンバンキングがあり、インターネットバンキングの中にはモバイルバンキングも含まれる。

インターネットバンキングとは?

 インターネットバンキングとは、ダイレクトバンキングの一種。

 オンラインバンキングとも呼ばれパソコンとインターネットを使って利用可能な銀行サービスのことを指す。

 IDと暗証番号(パスワード)でログインし残高照会のほか、振込、振替、定期預金への預入なども可能。

 セキュリティ強化のため、ログイン用のIDパスワードとは別に、合言葉を用いたり、取引時にさらに別のパスワードや個人承認の番号を求められることが多い。

PC・スマホ・オンライン

[PC・スマホ・オンライン]

モバイルバンキングとは?

 インターネットバンキングの一種で、モバイル(携帯電話やスマートフォンなど)に特化されたもの。

テレホンバンキングとは?

 テレフォンバンキングとは、ダイレクトバンキングの一種で電話を使い、専用ダイアルへ電話することで各種取引が可能となるサービス。

 オペレータータイプ(人が対応するもの)と、自動音声対応のものがある。

電話

[電話]

振込手数料などが銀行窓口よりお得な場合が多い

 インターネットバンキングなどのオンラインバンキングのほうが、窓口での取引より手数料などがお得になる銀行が多い。

 上手に利用しよう。

 例として皆様身近な「ゆうちょ銀行」を例に見てみよう。

ゆうちょ銀行振込(他の金融機関口座への送金)

窓口 からの振り込み=5万円未満・手数料660円、5万円以上・手数料 880円
ATMからの振り込み=5万円未満・手数料 220円、5万円以上・手数料 440円
ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)= 5万円未満・手数料220円 、5万円以上・手数料440円
ゆうちょBizダイレクト=5万円未満・手数料 220円 、5万円以上・手数料440円

ゆうちょ銀行口座間の振り込み

 電信振替の場合の手数料は

窓口電信振替手数料 =146円
ATM 電信振替手数料=月1回:無料、月2回目以降:125円
ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)電信振替手数料= 月5回まで:無料、月6回目以降:115円
ゆうちょBizダイレクト 電信振替手数料=100円
スポンサーリンク

シェアする

フォローする