死亡届っていったい何?どこにあって、どこに出す?

 死亡届を出さないとどうなる?

 身近な人で、なくなった人が居た場合は、覚えがあるかもしれないが、『今まで、人の死に目に合ったことがない』って人も今の世の中多いかも。

 自分の親が死んだりしたときに困らないように、ちょっと『死後の手続き』についてお勉強してみよう。

 一番初めにぶつかるのは、死亡届というもの。

[スポンサーリンク]

死亡届の提出場所

 死亡届書の提出先は、本籍地の市町村役場。

 本籍地がわからない場合などは、死亡した土地または届出を出す人の住所地の市町村役場に死亡届を出すことになる。

死亡届の届出の期間

 死亡の事実を知った日を含む7日以内(海外で死亡した場合は3ヶ月以内)

死亡届はどこにある?

 基本的には死亡届の用紙は、病院や市区町村役場においてある。

死亡届の記載方法

 病院で死亡した場合は、半分を医師が書く、自宅などで死亡した場合は、警察などが書く。

 残りの半分は、葬儀屋さんなどが代行で書くことが多い(家族が書いても良いけど)。

死亡届を届出しない場合のデメリット

・国民健康保険料などを取られ続ける

・火葬場の使用許可が出ない・葬式が出せない

・国民健康保険などの『葬儀費』が支給されない

 一応罰金などの規定もあるようだが、どのくらいの額かは不明(現実的には、届出が遅れたぐらいでは、ほとんど取られていないかもしれない)。

 死体を隠したまたは放置した場合『死体遺棄』という罪になるが、こちらも、罰金程度。

死亡届を出すとどうなるか

  • 銀行口座が凍結され、死亡した人の銀行口座からはお金が下ろせなくなる。
    →死亡届が出された時点で、銀行に連絡が行っているらしいが、どの範囲まで連絡が行っているのかは管理人にはわからない。
     なお、相続の手続きが完了して、相続税を払った時点で、銀行口座の凍結は解除される。
     死亡を知った時点から死亡届を出すまでの間に、お金を下ろすと、罰金をかけられることがあるそうだが・・・。
     合法的に、亡くなった人の口座から金銭を引き出すには、相続人全員の同意書と印鑑証明などが必要になるとのこと。
  • 年金は、国民年金の場合『市町村の年金窓口』厚生年金の場合『社会保険庁』に届出を出す。
    ただし、最近は死亡届を出した時点で、住基ネットから、社会保険庁に連絡が行くらしい。

 なんか、こうやって、調べてみると、年金額が多い人が死亡した場合、死亡届を正直に出すより、ほっといた方がメリットが大きい気がするのは、気のせいか?

 いや、違法行為なのはわかってるけど。

 ちなみに年金の不正受給の場合、国民年金法では、3年以下の懲役又は、100万円以下の罰金と受給した金額の一部または全額の返還(ただし、社会保険庁の判断による)。

 『詐欺罪』が適応されることもある。

 詐欺の公訴時効は7年、10年以下の懲役に処され、犯罪によって得たものは没収(19条)または追徴(20条)される。

 組織的に行った場合は組織的犯罪処罰法により1年以上の有期懲役と罪が重くなる。

 一時期あったよねえ、『死亡届を出さないで、年金を不正受給していた』ってニュース。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

献体なら火葬代がかからない

献体なら火葬代がかからない

働いていると老齢年金が減らされる?
老後のお金の管理を考えよう

老後のお金の管理を考えよう

遺産を特定の人に相続させたくない場合には相続人廃除の申立
成年後見人制度(法定後見人と任意後見人)
リビング・ウイルを書いてもらわなきゃ
遺言書でトラブルを起こさないためにメリットとデメリットを知ろう
平成27年から相続税がふえる?

平成27年から相続税がふえる?

婚外子(非嫡出子)も嫡出子と同じ遺産相続の権利がある
相続人が痴呆老人や判断能力のない人の場合
社会福祉協議会の日常生活自立支援事業(旧地域福祉権利擁護事業)
秘密証書遺言書・公正証書遺言書の証人
独身の子供の遺産はどこに行く

独身の子供の遺産はどこに行く

高齢者ドライバーは家族にもどうにもならない
私は天涯孤独です。遺産はどうなるの?

Menu

HOME

 TOP