スポンサーリンク

Suicaと一体型のクレジットカードも利用価値が高い

 Suicaも使うことのできる場所が多い。

 日本全国、どこのJRでも大体使うことができるし、「NEWDAYS」や「サークルK・サンクス」「セブン-イレブン」「ファミリーマート」「ミニストップ」「ローソン」「イオン」などをはじめとして買い物などでも使える。
 バスなどでも使うことができる。

 ビューカードからのクレジットチャージもできる。


ビューカードからSuicaへのチャージの方法

1、オートチャージ
 残高が少なくなると、自動的にチャージされる。

2、クレジットチャージができる
 多機能券売機、カード発売機でビューカードからのクレジットチャージができる。
 また、駅のATM「VIEW
ALTTE(ビューアルッテ)」にて、初電から終電まで年中無休でチャージできる。
3、パソコンからチャージができる
 Suica付きビューカードの場合、インターネットに接続されたパソコンと「FeliCaポート/パソリ」を使って、Suicaに入金(チャージ)することができる。

 1,2,はSuica定期券やMy
Suicaなどの記名式のSuicaでも利用が可能。
 3は、Suica付きビューカードのみ。


Suicaカードの種類

1、「Suica定期券」と「My
Suica(記名式)」「Suicaカード」

 購入時には預り金500円が必要。
 券面の印字情報を書きかえられるリライト機能を採用。
 「Suica定期券」を継続購入する場合や、Suicaカードを記名式のMy
Suicaに変更する場合も、同じカードをくりかえし使用できます。

2、Suicaと携帯情報端末がひとつになった「モバイルSuica」

3、Suicaとビューカードがひとつになった「ビュー・スイカ」カード
 いろいろなカードがあるが、年会費無料のSuica一体型クレジットカードは、ジェクサービュー・スイカカード:横浜バンクカードSuica一般カード
;みずほマイレージクラブカードセゾンSuica :スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ-VISA」一般カード
:イオンSuicaカード。

 *ビューカードの検索はこちらからどうぞ


 ポイント付与率はさておいて、使うことのできる店舗や場所の多さ、チャージのしやすさ、Suica
ポイントを他社のポイントに交換できる点などを考えると、Edyより、使いやすいかも。

 もし、1枚だけクレジットカードを持つとしたら、考慮したいクレジットカードのひとつ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする