生活保護を受ければ税金も保険料も取られないと言うことは・・・。

 普通に働いていれば、必ずとられるものが生活保護を受けるととられなくて済む。

 さて其れは何か?

1、税金

 所得税も住民税もかからない。

 生活保護の扶助は収入じゃないからだ。

2、公的保険料
 
 国民年金保険料、国民健康保険の保険料、介護保険の保険料これもとられずに済む。

 生活費は、生活扶助で出るし、医療費は医療券で自己負担ゼロ、介護費用もゼロでなんら困らない。

3、NHKの受信料

 東京都内で、1人暮らし、30歳で生活保護を受けている場合生活扶助と住宅扶助をあわせると、83500+53700=137200円。

 これを普通に働いて、給料としてもらっているとすれば、住民税だけでも年間66640円位の税金が取られてしまう。

 所得税33 320円/年。

 そして、年金保険料や医療保険料とあわせると・・・。

 こう考えると、給与所得で月20万円もらってても、生保を受けたほうが実質的な生活費は余裕があるんじゃないかと思うんだけど。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

健康保険の任意継続の注意点

noimage

約480億円消失・消えたビットコイン

noimage

賃金の『毎月1回以上支払いの原則』

noimage

みずほ証券入金方法

noimage

復興国債、本日販売開始

noimage

nanacoカードの発行手数料を節約する方法

noimage
noimage
noimage

賃貸マンション・アパートに入居してる人の地震保険

noimage

無駄なお金をかけずマウスを再生する

noimage

クレジットカードのリボ払い、どこが問題?

noimage
noimage

銀行預金はインフレに弱いは本当か?

noimage

株の配当金の受け取り方法

noimage

SBI証券のマネーセミナー

Menu

HOME

 TOP