給料を払ってもらえないときは・・・

 「給料が払われない!」という、困った事態になったら、どうしたらいいんでしょうか?

 会社が事実上倒産していた場合、『未払い賃金立て替え制度』というのが国の制度である。

 でも、会社がまだ倒産してない場合、どうしたら良いもんか?

 ちょっと悩むところだ。

[スポンサーリンク]

未払い給与を会社に請求する方法

 未払いの給料を請求する方法として考えられるのはいくつかあるが、いずれも一長一短。

労働基準監督署に申告する

  •  手続きが簡単だが、強制力がない。

支払督促を出す

  •  手続きが簡単。
  •  相手の異議がなければ強制執行できる。

少額訴訟

  •  原則1回で審理が終わる。
  •  強制執行できるが、60万円以下の支払を求める場合に限られる。
  •  裁判費用が掛かる。
  •  手続きは簡易裁判所。

 労働審判

  •  3回以内の審理で終了する。
  •  強制執行できるが、少額訴訟より、時間もお金もかかる。
  •  手続きは地方裁判所で行う。

会社に資産がないと取り立てできない

 でも、いずれの方法も、会社側に、未払い分の給料を払えるだけの資産がないと、結局無駄になってしまうことも。

 「給料を払ってもらえない」というときに、裁判で何とかしようとしても、裁判費用の問題とかで、マイナスになる可能性もある。

 しかし、何もしないでいては、「お金はもらえず、働き損」ということになる。

会社から未払い給与を受け取れないとしても「事実上の倒産」と認められる場合も

 たとえ、会社に未払い給与に該当するだけの資産がない場合でも、まずは、労働基準監督署に相談して、会社に勧告してもらい、それでもだめなら簡易裁判所へ小額訴訟を起こす。

 これで支払能力が無いとなれば、事実上の倒産とみなしてもらえる可能性もある。

 倒産とみなされれば、『未払い賃金立て替え制度』の対象になるので、国から給与分のお金を貰えるかもしれない。

働いていたという証拠が大事

 いずれにしても、タイムカードのコピーやどのくらい残業したかをメモしたりして、不払いの証拠を集めておくのが大事。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

給与『直接払いの原則』の例外

給与『直接払いの原則』の例外

一時解雇(レイオフ)と一時帰休とリストラの違い
労働時間って何時間?

労働時間って何時間?

雇用と委託や請負による労働の違い

雇用と委託や請負による労働の違い

給料も復興特別税で手取りが減ってる

給料も復興特別税で手取りが減ってる

住民税がかからない収入って何がある?
賃金の全額払いの原則の例外として認められるもの
振り替え休日と代休の違いは?

振り替え休日と代休の違いは?

介護休業や介護休暇の対象となるのは

介護休業や介護休暇の対象となるのは

賃金と給料・給与・報酬どう違う?

賃金と給料・給与・報酬どう違う?

賃金の支払いの原則『通貨払いの原則 』の通貨って?
法定休日と法定外休日があるって知ってた?

法定休日と法定外休日があるって知ってた?

未払賃金立替払制度の対象となる賃金

未払賃金立替払制度の対象となる賃金

厚生年金保険料給料の何%か?
給与明細(給与支払い明細)の中の非課税になる項目は?

Menu

HOME

 TOP