転職時期とボーナス支給

 もうすぐボーナスに時期だ。

 『ボーナスをもらったら、転職しよう』と考えてる人、いるんじゃないかな。

 できれば、ボーナス支給日までは、『会社辞めます』と言い出さないほうがいいかも。

 会社の就業規則によっては、ボーナス支給日前に退職を申し出るとボーナスの支給額に響くことも。

ボーナス支給の原則

 どこの企業でも、共通しているのは『算定期間の勤務成績などに応じて支給額が決定される。
算定期間に勤務していれば、通常は賞与の支給対象者となりる。』

問題は就業規則

・就業規則等に「支給日に在籍している者に対して賞与を支給する」という定め(「支給日在籍」条項)がある場合には、支給日前に退職すると賞与は支払われない。

・支給額が経営者の判断によって決められる場合には、賞与支給日前に退職の意思表示をすることで、支給額が少なくなる場合がある。
 就業規則で、賞与に関する規則が定められている場合は、満額支給される場合もある。

・支給日に有給をとっている場合、基本的には、在職中と認められるので、ボーナス支給の対象となる。

転職先の賞与算定期間も考えよう

 今いる会社のボーナスにこだわって、転職先のボーナスをもらえないってケースも考えられる。

 ボーナスの支給条件は、『算定期間に在籍している』こと。

 ボーナスをもらってから転職すると、算定期間が足りないってことで、転職先のボーナスがもらえない可能性もある。

 特に、夏のボーナスより、冬のボーナスのほうが額が大きいという企業も多いから、『夏のボーナスにこだわって、冬のボーナスがもらえなかった』なんてことになったら、悲劇だ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする