給与支払いの原則ってどんなもの?

 みんなのお楽しみ、お給料。

 給料(給与)には『支払いの5原則』というのが存在する。

 給与支払いの5原則ってどんなもの?

[スポンサーリンク]

通貨払いの原則

 「賃金は通貨で支払わなければならない」

 これが「通貨払いの原則」。

直接払いの原則

 「賃金は直接労働者に支払わなければならない。」

全額支払いの原則

 「賃金はその全額を支払わなければならない」  

毎月1回以上支払いの原則

 「賃金は毎月1回以上支払わなければならない」

一定期日支払いの原則

 「賃金は毎月一定期日に支払わなければならない」

支払いの原則にも例外があるけど

 基本的には、給料は『毎月決まった日に、全額を労働者に直接、全額支払う』ってのが給料の支払いの原則。 

 ただし、支払いの5原則にも例外がそれぞれあるわけだけど・・・。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

給料を払ってもらえないときは・・・

給料を払ってもらえないときは・・・

休憩時間の三大原則と休憩時間を設けなくてもよいとされる職種
未払賃金立替払制度の対象となる条件とは

未払賃金立替払制度の対象となる条件とは

住民税がかからない収入って何がある?
給与明細(給与支払い明細)の中の非課税になる項目は?
介護休業メリットとデメリット

介護休業メリットとデメリット

法定休日と法定外休日があるって知ってた?

法定休日と法定外休日があるって知ってた?

給料も復興特別税で手取りが減ってる

給料も復興特別税で手取りが減ってる

介護休業平成29年改正

介護休業平成29年改正

厚生年金保険料はどうやって決まる?
社会保険料と副業

社会保険料と副業

介護休業や介護休暇の対象となるのは

介護休業や介護休暇の対象となるのは

労働基準法で定められた休憩時間って、どんな時間?
休憩時間の3大原則「一斉付与の原則」の例外

休憩時間の3大原則「一斉付与の原則」の例外

賃金の全額払いの原則の例外として認められるもの

Menu

HOME

 TOP