老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?

 国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?

 年金の保険料って、いったい何歳まで払わなくてはいけないんだろう?

 今日は、国民年金保険料の支払い年齢についてちょっと調べてみた。

[スポンサーリンク]

老齢基礎年金を受け取るための保険料支払い期間

老齢基礎年金を受け取るための最低保険料支払い期間

年金手帳 老齢基礎年金を受け取るための最低保険料支払い期間は25年。

 厚生年金の保険料を納めていた期間や条件によっては、保険料を納めていない期間も含まれる。

 ただし、最低支払い期間を10年にしようとかいろいろな意見が出ているので将来的にはどうなるかわからない。

老齢基礎年金の満額支給を受けるための保険料支払い期間

 老齢基礎年金の満額支給を受けるための保険料支払い期間は40年。

 厚生年金の保険料を納めていた期間や任意加入の保険料納付期間も含まれる。

年金保険料を支払っていない期間も年金受給資格の期間に含まれる。

 年金保険料を払っていない(カラ期間)も老齢年金の受給資格に含まれることがある。

1)申請して年金保険料が免除された期間。

2)所得が少ない学生に納付特例が認められた期間。

3)若年者納付猶予制度が認められた期間。

4)退職(失業)による特例を認められた期間。

5)会社員や公務員の配偶者で、昭和61年3月以前に国民年金に加入していなかった期間。

6)20歳以上の学生で、平成3年3月以前に国民年金に加入していなかった期間。

7)日本国籍をもち、昭和36年4月以後に国外移住していた時、国民年金に加入していなかった期間。

 上記の合算対象期間(カラ期間)は、受給資格期間に加算される。

 ただし年金額には反映されない期間になる。

年金保険料の本来の支払い期間は20歳から60歳まで

 年金保険料の本来の支払い機関は20歳から60歳まで。

 老齢基礎年金を満額もらうには40年間、国民年金保険料を払う必要があるが、保険料の支払は60歳になるまでしかできない。

60歳以降も年金保険料を支払うことになるケース

 60歳以降も年金保険料を払うことになるケースもある。

・年金保険料の納付期間がカラ期間を含めても25年に満たない場合で年金を受け取りたいと思った場合。

・年金保険料の納付期間にカラ期間があるが年金の満額支給を受けたい場合。

 このような場合、カラ期間を埋めるために60歳以降も国民年金保険料を納めることになる。

 こんなケースを「国民年金の任意加入」という。

 国民年金の任意加入をするにも条件がある。

国民年金の任意加入ができる条件と期間

1)年金額を増やしたい場合は65歳までの間。

2)受給資格期間を満たしていない場合は70歳までの間。

3)外国に居住する20歳以上65歳未満の日本人。

おすすめ記事

コメント

  • 無職で、収入が、無いのに、保険料が、払えるわけがないやろ

    by 名無し    2017年4月6日 10:31 PM

  • 無職で、収入が、無いのに、保険料が、払えるわけがないやろ
    生活保護の不正受給なんとかしてよね

    by 名無し    2017年4月6日 10:32 PM

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

働いていると老齢年金が減らされる?
遺族厚生年金は『子のない妻』や『夫』も受け取ることができるが・・・
国民年金の遺族基礎年金夫も受け取れるようになった
厚生年金保険料給料の何%か?
遺産を特定の人に相続させたくない場合には相続人廃除の申立
障害手当金は厚生年金の加入者がもらえる一時金
死亡届っていったい何?どこにあって、どこに出す?
20歳でももらうことのできる年金・障害基礎年金について少し勉強してみよう
高年齢雇用継続基本給付で得をしよう
国民年金の免除制度

国民年金の免除制度

国民年金を滞納するとどうなるか?
兄弟間でかけたお金が違うと思わぬトラブルが発生する
遺産相続は二次相続以降でもめる

遺産相続は二次相続以降でもめる

マイナンバー通知カードがない
働いていると障害年金がもらえない???

Menu

HOME

 TOP