国民健康保険組合の給付や保険料は超お得

 私たちが一般に国民健康保険と言う場合、市町村に保険料を納める国民健康保険のことを言う。

 が、ここに似たような、違うような健康保険がひとつ。

 それは、国民健康保険組合の健康保険。

 国民健康保険組合は同種の業種、又は事務所に従事する者を組合員を対象とするもので、建設業・医師・薬剤師・歯科医師・税理士・理容・芸能人・料理飲食・卸売業・花街・質屋・銭湯・弁護士などがある。

 保険の財源は組合員の納める保険料+国民健康保険料と同じ国民の税金。

 給付の内容は、市町村の国民健康保険よりはるかによいことが多く、病院の窓口負担が上限3000円だったりする。

 労災や職業病に対する給付が優遇されているところも多い。

 保険料そのものも、数千円程度の定額制である国民健康保険組合も多いらしい。

 国民健康保険といっても、よく知られている市町村の国民健康保険とは、まったく給付内容などが違う。

 独立開業した人などは一度自分の職業の国民健康保険組合がないかどうか調べてみるといいかもしれない。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

ブログ引越し完了のお知らせ

noimage

書き損じ年賀状・余った年賀状の交換

noimage
noimage

ソニー銀行の円定期特別金利・2012年夏のボーナス金利

noimage
子供の親権は子供に対する責任を負うこと

子供の親権は子供に対する責任を負うこと

noimage
noimage

確定拠出年金の掛け金上限額

noimage

個人型確定拠出年金手数料比較・SBI証券VSスルガ銀行

noimage

期末残と期首残の考え方

noimage

ゆうちょ銀行ホームページでトラブル

noimage

復興国債ゆうちょ銀行で2回目の購入

noimage

同じ投資信託でも、販売手数料は証券会社などで違う

noimage

募集中・利付国庫債券の概要

noimage

自転車運転者が加害者になった交通事故の賠償額の例

Menu

HOME

 TOP