スポンサーリンク

国民健康保険組合の給付や保険料は超お得

 私たちが一般に国民健康保険と言う場合、市町村に保険料を納める国民健康保険のことを言う。

 が、ここに似たような、違うような健康保険がひとつ。

 それは、国民健康保険組合の健康保険。

 国民健康保険組合は同種の業種、又は事務所に従事する者を組合員を対象とするもので、建設業・医師・薬剤師・歯科医師・税理士・理容・芸能人・料理飲食・卸売業・花街・質屋・銭湯・弁護士などがある。

 保険の財源は組合員の納める保険料+国民健康保険料と同じ国民の税金。

 給付の内容は、市町村の国民健康保険よりはるかによいことが多く、病院の窓口負担が上限3000円だったりする。

 労災や職業病に対する給付が優遇されているところも多い。

 保険料そのものも、数千円程度の定額制である国民健康保険組合も多いらしい。

 国民健康保険といっても、よく知られている市町村の国民健康保険とは、まったく給付内容などが違う。

 独立開業した人などは一度自分の職業の国民健康保険組合がないかどうか調べてみるといいかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする