健康保険一覧

退職後の健康保険は国保が得か健康保険の任意継続が得か

 健康保険は会社に勤めているときは、規定の保険料率で保険料は会社と労働者の折半。 会社を辞めると、国民健康保険か任意継続の保険に入ることにな...

記事を読む

国民健康保険が使えない場合もある

 国民健康保険証で病院などにかかると、自己負担は3割で済む。 が、病院にかかったからといって、すべて国民健康保険が使えるわけでもない。 てな...

記事を読む

保険診療・自費診療・混合診療、なぜ、混合診療は禁止されている?

 混合診療の話が出たついでに、もう少し、詳しく説明してみようと思う。 そもそも、医療には、『保険診療』と『自由診療』といわれるものがある。『...

記事を読む

国民健康保険組合(国保組合)とは

 私たちが一般に国民健康保険と言う場合、市町村に保険料を納める国民健康保険のことを言う。 が、ここに似たような、違うような健康保険がひとつ。...

記事を読む

国民健康保険の給付内容は?

 国民健康保険の給付内容は、公的健康保険の基本。 サラリーマンの加入している健康保険には、この国民健康保険の給付にプラスαの給付があることが...

記事を読む

健康保険の種類って何種類あるの?

公的健康保険は大きく分ければ、国民健康保険・(給与所得者の)健康保険。さらに国民健康保険・(給与所得者の)健康保険もいくつかの種類がある。

記事を読む

健康保険の傷病手当金と失業手当を無駄なくもらおう

病気やけがなどですぐに働けない場合、雇用保険の失業手当を貰えないと思っている人、病気やけがなどで、働くことができない場合、失業手当ての受給期間延長申請ができる。上手に利用して「健康保険の傷病手当金」「雇用保険の失業手当」無駄なくいただこう。

記事を読む

家族の健康保険の扶養(被扶養者)になるための条件

健康保険の扶養家族になる。これが一番お金がかからない。同居していない家族でも扶養になれる場合もある。退職したら、家族の健康保険の扶養に入りたいものだが、健康保険の扶養家族になるためには、色々と条件がある。協会けんぽの例を見てみよう。

記事を読む