なんと、メガバンクの10倍20倍の差がつく、夏の定期預金金利

 夏のボーナスどこに預ける?

 やっぱりメガバンク?

 では、気になる定期預金金利は?

メガバンクの定期預金金利

 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の1年定期定期預金の金利は100万円以下の預入れで0.025%。

 100万円を預けた場合の利息は250円(税引き前)。

 手取りの利息は200円弱となる。

 メガバンクのインターネット支店の金利は店頭より若干高めだが、それでも0.055%(みずほ銀行インターネット支店)。

 手取りの利息は400円そこそこ。

ネット専業銀行・第二地銀のインターネット専用支店は?

 ネット専業銀行の6月の1年定期預金の金利は、0.2%から、0.3%のところが多い。

 また、第二地銀のインターネット専用支店の一部は、条件付(1行1人100円までなど)で、0.4から0.5%の金利。

 条件外では、やはり、0.2%から0.3%程度。

手取り利息で比べてみると

・メガバンク
100万円1年定期⇒手取り利息200円程度。

・メガバンクのインターネット専業支店
100万円1年定期⇒手取り利息400円程度。

・ネットバンク
0.2%で手取り利息1600円程度。
0.3%で手取り利息2400円程度。

・一部の第二地銀インターネット専用支店
0.5%の場合手取り利息4000円程度。

 ネットバンクで、メガバンクの約10倍、第二地銀のインターネット専業銀行(条件付)で約20倍の金利となる。

 ネットバンクも、地方銀行のインターネット専業銀行も、コンビニATMやゆうちょATMで手数料無料で現金の出し入れができる。

 定期の作成は、インターネットバンキングを使うので、日本全国どこにいても利用できる(中には、利用資格がある場合も有るが)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする