株の管理はどこでやる・証券保管振替機構(ほふり)の管理と名義書き換え

 証券会社は株を買うところ。

 株を買うとその株券の名義を書き換える必要がある。

 この、株券の名義書換が正常に行われないと、配当金も株主優待ももらえない。

 かつては、株券を買っても名義書換が遅れて、直近の配当金がもらえなかったりすることもあったのだが、現在は、株券の電子化に伴って、証券保管振替機構(ほふり)がまとめて名義の管理をしてくれるようになった。

 証券保管振替機構(ほふり)では、証券会社で株の売買手続をすれば、基本的に何もてづづきをする必要は無い。

証券保管振替機構(ほふり)による名義書き換えのしくみ

 証券保管振替機構(ほふり)では、同機構が保有する株式についてはその株券の名義自体は「証券保管振替機構」名義としている。
 その上で証券保管振替機構(ほふり)が独自に台帳を作成。
 その台帳には『○○という会社の株券10000株をAという投資家が保有』というように記載されている。
 『○○社に対する株主としての権利は証券保管振替機構ではなくAという投資家が持つ』ということになる。
 株主総会への参加はもちろん、配当や株主優待を受ける権利は投資家Aが保有する。

証券保管振替機構(ほふり)を利用するメリット

・現在使っている証券会社を変更したい場合、証券保管振替機構(ほふり)に株を預けていれば証券会社に手続きをするだけで簡単に株の移管をすることがる。

・名義書換に時間がかからない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする