日本の平均株価は、海外に比べて出遅れている?

 日経平均はどこまで上がるのだろう?

 日本の平均株価は、海外の平均株価に比べて出遅れてるっていう説がある。

リーマン・ショック直前の終値を100として、現在(2013年2月8日時点)がどのぐらいの水準になっているかを調べてみたデータがある。

 【リーマン・ショック直前の終値との比較】

・日経平均株価   91.30
・NYダウ      122.50
・ドイツDAX30 122.73
・香港ハンセン   119.95

 こうしてみると、確かに日本の株価は出遅れてるといえなくも無い。

 日本は、政治ががたがたしてるからなあ。

 外国人投資家だって『また、トップが替わって、経済政策がどうなるかわからない』って思ってるのかも。

 え?こんな話どこから聞いてくるのかって?

 これは、SBI証券のメールマガジンからの情報なの。

 SBI証券に限らないけど、ネットバンクやネット証券では、メール登録していると、色々な情報が送られてくる。

 自分の所の金融商品を売ろうという意図もあるんだけど、それでも、役に立つ情報があったりする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする