株の注文の出し方

 普通に株取引といえば、単位株の売買。

 証券会社に口座を作ったら、預かり金を入金して、その金額内で売買する。


 株の値段は1株単位の値段で注文を出す。

 注文の出し方は、『指値』『成行注文』と2種類ある。



 ちなみに、売買手数料や口座管理料も各証券会社によって違うので、ご注意。


指値注文とは何か?

 指値注文というのは、1株の買値(売値)を決めて、その値段になったら、買います(売ります)という注文の出し方。

 証券会社によって注文が有効になる期間が違う。

 『1日』『1週間』『1ヶ月』などさまざま。


成り行き注文とは?

 成り行き注文の場合、『いくらでもいいから、A社の株がほしい』という場合に出す注文のしかた。

 注文を出すと、必ず、売買できるが、想像した金額から、外れた金額が確定してしまうこともある。


一日に同じ会社の株を売買する場合

 A社の株を買ったその日に、買ったA社の株を売るというような場合、証券会社によって回数に規制がある場合がある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする