自動車税は業務用のほうがはるかに安い

 自動車税は車の排気量に応じて、都道府県から課税される税金。

 以前にも排気量に応じて、自動車税の額が相当違うと言う話はしたけど。

 排気量だけではなく、家庭用か業務用かで自動車税の額は、これまたぜんぜん違う。

自動車の排気量と自動車税の家庭用と業務用の比較

660cc以下(軽自動車乗用・5ナンバー車)

  • 業務用自動車税の年額:5500円
  • 家庭用自動車税の年額:7200円

 平成27年4月以降に購入した場合は業務用自動車税の年額6,900円、自家用車10,800円。

 ただし、製造年度によってエコカー減税が適応される場合が多いので75%から25%の税金の減免がある。

660cc以下(軽自動車乗用・4ナンバー車)

  • 業務用自動車税の年額:3000円
  • 家庭用自動車税の年額:4000円

 ちなみに平成27年4月以降に購入した場合は業務用自動車税の年額3,800円、自家用車5,000円。

 ただし、製造年度によってエコカー減税が適応される場合が多いので75%から25%の税金の減免がある。

排気量1.0リッター以下

  • 業務用自動車税の年額:7,500円
  • 家庭用自動車税の年額:29,500円

排気量1.0超~1.5リッター以下

  • 業務用自動車税の年額:8,500円
  • 家庭用自動車税の年額:34,500円

 排気量が大きいほど、家庭用と業務量の自動車税の差額は大きくなる。

 やっぱり、個人事業をふくぎょうでやって、自動車は業務用に申請するべきかしら。

5ナンバーと4ナンバーの違い

 ところで軽自動車の5ナンバーと4ナンバーの違いは?

5ナンバー

  • 後部座席の寸法が 荷室(トランクスペース)に比べて広い。
  • 大人4人乗れる。
  • 車検は2年毎。

4ナンバー

  • 後部座席の寸法が 荷室(トランクスペース)に比べて狭い。
  • 大人2人しか乗れない(+小学校の子供2人まで)。
  • 車検は初年度が3年その後は2年毎。

 要は軽トラックなど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする