その出費、消費ですか?浪費ですか、それとも投資ですか?

  浪費と消費と投資の区別をつけると、お金の貯まり方が早くなる。

 じゃあ、浪費と消費と投資ってどう違う?


浪費と消費と投資とは何か?

1、消費とは何か?
 消費と言うのは、日常生活で必要となる支出のこと。
 食費や家賃、光熱費、必要な衣服や日用品と言ったものがこの消費に当たる。

2、浪費とは?
 浪費は、いわゆる無駄に使っているお金。

3、投資
 将来のために使うお金。
 貯金・資格収得・資産運用など


投資や消費が浪費になってませんか?

 で、面白いのは、消費や投資と思って買っても実は浪費にしかなってないケース。

投資が浪費に成ってしまう例
 『貯蓄のノウハウが掲載されている雑誌や本』。
 『貯蓄のノウハウが掲載されている雑誌や本』を購入した支出は本来、貯蓄をするための投資に当たる。
 が、買っただけで、読まない実践しないとなれば、これは、浪費でしかない。


投資のはずが労使日になってしまう微妙な例。
 資格収得なども微妙。
 資格収得は投資だが、自分にとって何の役にも立たなければ浪費だ。
 金銭的には役に立たなかったが、じぶんの中では、役に立ったとか言うのなら投資。

消費が浪費に成ってしまう例
 食材を腐らせたとか、着ない洋服を買ったとか、使わない日常品を買ってしまったとか、これは、消費が浪費に成ってしまっている例。

さて、皆さん、投資が浪費になってませんか?


浪費も必要!

 貯蓄体質になるためには、浪費を少なく、投資を増やすと言うのが大切。

 でも、がんばってるじぶんへのご褒美としての浪費は必要だと思う。
 と言うか、がんばってるじぶんへのご褒美は、ある意味投資に分類されるべきもの。
 が、ここで、ご褒美を投資に入れてしまうと、どんどん、お金を貯められなくなっていく。


 と言うことで、じぶんへのご褒美とかはやっぱり浪費。


 また、学生時代遊んでばかりいたとかは浪費かもしれないが、長い目で見れば、自分の人生に対する投資になっていると考えられなくもない。

 理想のバランスは「消費70%・浪費5%・投資25%」だそうだ。
消費/浪費/投資に分けて書き込む貯金生活家計簿(1年間用)

消費/浪費/投資に分けて書き込む貯金生活家計簿(90日用)

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「自分へのご褒美」です。あなたは何かを達成したときのための「自分へのご褒美」って、何にすることが多いですか?あの試験に合格したらディズニーランドに遊びに行く!とか1時間掃除ができたらおやつを食べる!とか。もっと困難な目標の場合�... トラックバックテーマ 第1411回「自分へのご褒美」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする