持ち家に住み続けて生活保護を受けることは可能だが

 家があっても場合によっては生活保護を受けることはできる。

 しかし、絶対に生活保護を受けることができないのが住宅ローンが残っている場合。

 住宅ローンが残っていると、生活保護の受給はできない。

 例えば、住宅ローンの月々の支払額が、生活保護の住居扶助の額より少なくても、生活保護の受給は不可。

 住居扶助を受けないで、生活費の中から、ローン返済額をやりくりしてもだめ。

住宅ローンが残っているとなぜ生活保護を受けることができないか?

 どうして、住宅ローンが残っている場合の生活保護の受給ができないかと言うと、ちゃんとそれなりの理由がある。

 住宅ローンを生活保護を受けながら返済すれば、住宅ローン返済時には、その住宅が受給者の財産になってしまうから。

 「生活保護が住宅ローンの支払いを肩代わりするわけには行かない」という理由からだ。

売却後の負債がが大きければ自己破産 

 住宅ローンが残っている場合、その家に住み続けるのはあきらめて、住宅を売却するしかない。

 売却額よりローンの残高のほうがたくさんあり、負債のほうが大きく、借金が残る場合は、自己破産宣告をするなりしてから生活保護を受けることになる。