純損失と雑損失は3年間損害を繰り越すことができる

  純損失と雑損失は、白色申告でも3年間の損失の繰越ができる。

純損失

 ・不動産所得・事業所得・山林所得・譲渡所得の損失を損益通算しても控除しきれない部分のうちの変動所得と被災事業用資産の損失部分。


雑損失

 ・災害・盗難・横領により資産(生活に通常必要でない資産、棚卸資産など一定のものは除く)に損害を受けた場合の損失(自身だけでなく生計を一にする親族の資産も含む)で、その年の所得から控除できない部分。


 平たく言ってしまえば。

・純損失=事業用資産。
・雑損失=生活必需品の資産。

 てなことになる。



 白色申告で、損失の繰越ができるものと言えば、この、災害・変動所得の純損失・雑損失、居住用財産の譲渡損失、株の譲渡の損失の繰越(分離課税の場合)ぐらいかなあ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする