鉄道に飛び込むと莫大な損害賠償を払わないといけないってほんと?

 大勢の人に迷惑のかかる自殺や事故。

 最たるものは、電車に飛び込むとか、山で遭難するとか。

 電車に飛び込んだり、線路に物を置いて電車の運転を妨害した場合、飛び込んだ人や電車の運転を妨げた人には、賠償責任があるんだろうか?

鉄道会社の被害は保険会社が補償する

 飛び込み自殺があたりして、鉄道会社が乗客に運賃の払い戻しをした場合などは、保険会社が鉄道会社の損害を補填する。

 「損害を保険会社が補てんするのなら、飛び込んだ人や電車の運転を妨げた人には賠償責任はないの?」

 という話になってくるのだが…。

保険会社は飛び込んだ人に損害を請求する

 飛び込んだ人や電車の運転を妨げた人がいて、鉄道会社が乗客に運賃の払い戻しをした場合などは、保険会社が鉄道会社の損害を補填する。

 そして

保険会社が払った損害の分は、保険会社が飛び込んだ人や電車の運転を妨げた人に請求する

 ことになるらしい。

 いくらぐらいになるかは、個々の状況しだいだろうが・・・。

 多額の損害賠償をしなくてはいけなくなる可能性はある。

 とはいえ、お金がなければ、損害賠償金を請求されても払えないわけだが。

鉄道の運転を妨げた場合請求される金額は?

 保険会社や鉄道会社としても多額の損害賠償を請求すると、「多額の損害賠償を請求が元で、自殺でもされると、逆に社会的に非難される」「管理責任を問われる」なんてことになりかねない。

 そのため、

鉄道の飛び込み自殺などで鉄道の運転を妨げた場合実際に請求する賠償請求の額は数百万

 ってうわさ。

 実際の鉄道会社では、その件については、ノーコメントと言う回答が多いらしい。

 ちなみに、新幹線の線路などに立ち入った場合は、罰則がある。

1年以下の懲役、または5万円以下

 の罰金と法律に決められている。

 とすると、飛び込み自殺するんなら、多額の生命保険をかけて、1年以上たってからすれば、収支はプラスになる?

 ・・・。

 飛び込み自殺がたえないはずさね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする