仕送り手数料を無料にする方法

 新年度が始まる。

 頭が痛いのは遠くへ進学した子供を持つ親御さん。

 仕送りもあるし。

 仕送り金額以外に送金手数料がかかったりして。

 銀行によっては、この仕送りの送金手数料無料にする手立てがある。

仕送り手数料を無料にする方法

・他の銀行への振り込み手数料が一定回数無料になる銀行を利用する。

・一定の条件が整えばATMからの振り込み手数料が無料になる銀行を利用する。

・同じ銀行の口座なら振込み手数料が無料になる銀行を利用する。

・同じ銀行の同一支店内の振込みなら手数料無料になる銀行を利用する。

・通帳で入金、カードで出金する。

仕送りに便利・他銀行への振り込み手数料が無料の銀行

 住信SBIネット銀行は月3回まで他の銀行への振り込み手数料が無料、コンビニATMやゆうちょ銀行ATMで手数料無料で入出金もできる。

 新生銀行は月1回(条件によっては月5回から10回)他の銀行への振り込み手数料無料。

 大和ネクスト銀行も月3回まで他の銀行への振り込み手数料が無料。

 野村信託銀行にいたってはほぼ無制限に他の銀行への振り込み手数料が無料になる。

 ただし、大和ネクスト銀行と野村信託銀行は、それぞれ大和証券・野村證券の口座を持っている必要があるが。

 この場合、振込み手続きはインターネットでの手続きがほとんど。

 一定の条件が整えばATMからの振り込み手数料が無料になる銀行にはみずほ銀行などがある。

仕送りに便利・同じ銀行の口座なら振込み手数料が無料になる銀行。

 管理人が以前使っていた八千代銀行などは、八千代銀行の同一支店への振り込み手数料が無料だった。

 八千代銀行の場合、一定額までは八千代銀行内のほかの支店への振込みも手数料がかからず、振込みの回数に制限がないので、回数を分けて振り込めば、支店が違っても振り込み手数料を無料にすることができる。

 インターネットバンキングも割りと整っていたし、セブンイレブンのATMで手数料無料で入出金ができるので、親子が遠方に離れていても利用できる。

 八千代銀行に限らず、こんな感じで利用できる銀行はたくさんあるはず。

仕送りに便利・通帳で入金、カードで出金する

 ごく普通の銀行で使える手。

 親のほうが通帳で入金して、子供のほうはキャッシュカードで出金する。

 コンビニATMで無手数料で出金できる銀行ならメリットが大。

 ただし、通帳は振込み専用にして間違っても定期預金セットにはしないこと。

 ほとんどの銀行だと、通帳での入金は窓口に行かないとできない。

 印鑑も必要。

 例外もある。

 ゆうちょ銀行などのように通帳を使ってATMで入金できる銀行もある。

 ゆうちょ銀行の場合、全国どこでも支店があるのでこれはこれで便利に使える。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする