管理人は見た!あきれた生活保護受給者の例

  福祉事務所から送られてくる扶養照会、経済状態など書きたくなければかかなくて良い、そして、援助できなければ『援助できない』と書いて送り返せばいい。

 管理人が知ってる例で、こんなのがある。

1、Aはアル中で、定職についていない。

2、Aはもともと親にワンルームマンションを買ってもらっていて、これは、Aの名義。

3、Aは親に自分名義のマンションを売って、売却代金の一部で、生活保護の基準額よりも家賃が高いマンションに入居。

4、Aは生活保護を申請。

5、Aの親は扶養照会で『援助できない』と返答。

6、Aは、生活保護を受給、家賃の差額は、こっそりと親が援助。


 どう考えても、理不尽だ!

 が、しかし、こんな例もある。

 あきれた話だが・・・。

 もちろん、親が家賃の差額を援助しているなんてことがばれたら、不正受給で、生活保護の受給はとめられるんだろうけど。

 Aが今も生活保護を受けているのかは不明だ。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

2013年10月銀行定期預金はどこが高い?

noimage

目に見えにくい機会損失に敏感になろう

noimage
noimage

所得税還付金の通知書が届いた

今日は阪神淡路大震災が起こった日

今日は阪神淡路大震災が起こった日

noimage

来年青色申告してみたい人の参考書

noimage

新生銀行の冬の特別金利

noimage
東日本大震災被災者への他行預金払い戻し状況
noimage
noimage

海外療養費ってなに?

noimage

労災保険・休業特別支給金

noimage

OCNの無料家計簿ソフト

noimage

日本の平均株価は、海外に比べて出遅れている?

noimage

愛媛銀行のインターネット支店の定期預金も高金利

Menu

HOME

 TOP