管理人は見た!あきれた生活保護受給者の例

  福祉事務所から送られてくる扶養照会、経済状態など書きたくなければかかなくて良い、そして、援助できなければ『援助できない』と書いて送り返せばいい。

 管理人が知ってる例で、こんなのがある。

1、Aはアル中で、定職についていない。

2、Aはもともと親にワンルームマンションを買ってもらっていて、これは、Aの名義。

3、Aは親に自分名義のマンションを売って、売却代金の一部で、生活保護の基準額よりも家賃が高いマンションに入居。

4、Aは生活保護を申請。

5、Aの親は扶養照会で『援助できない』と返答。

6、Aは、生活保護を受給、家賃の差額は、こっそりと親が援助。


 どう考えても、理不尽だ!

 が、しかし、こんな例もある。

 あきれた話だが・・・。

 もちろん、親が家賃の差額を援助しているなんてことがばれたら、不正受給で、生活保護の受給はとめられるんだろうけど。

 Aが今も生活保護を受けているのかは不明だ。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

個人型確定拠出年金の掛け金の引き落としができる銀行

noimage
noimage

インターンシップ中の怪我、労災の対象になるの?

noimage
noimage

2018年大量失業者が出る?

noimage

病院の法人形態と税金の優遇

noimage

国民健康保険の給付内容は?

noimage
noimage

健康保険の任意継続の注意点

noimage

電力株いまどうなってる?

noimage
noimage

賃金の『毎月1回以上支払いの原則』

noimage

4月の定期預金金利が全体に下がっている

noimage

三菱東京UFJ銀行への入出金の方法

Menu

HOME

 TOP