スポンサーリンク

車同士の事故の責任は双方にあり

 交通事故の場合の考え方に、過失割合というのがある。

 事故の被害者・加害者の双方の責任の割合という考え方だ。

交通事故と過失割合

 車同士の事故の場合、止まっていた車にぶつかれば、ぶつけたほうが過失割合100%(駐車禁止の場所に止めてたとかの場合は別だけど)。

 しかし、どんなに速度を落としていたとしても、走っている車にぶつけたら、ぶつけられたほうにも責任がある(納得できないけど!ちなみに、後方からの衝突事故などの場合例外はある)。

 『車の運転をする以上、たとえ被害者でも運転に対する注意義務がある』ということらしい。

過失割合と自動車保険

 で、この過失割合、自動車保険の損害賠償などの補填にかかわったりするので厄介。

 過失割合10:0なら、相手方の保険で、損害をすべて補填できるけど、これが10:4なら4割の損害は、自分の保険でまかなわないといけない。

 自分の保険を使えば、当然、来年から保険料は上がるし、踏んだりけったり。

自分も車にぶつけられないように注意

 このように、自動車事故の場合、自分に特に責任が無くても自分の保険を使わないといけなくなる可能性が高い。

 車の運転をする時は他の人にぶつけないのは当然だ。

 が、自分もぶつけられたりしないように注意しないといけないってこと。