労災(労働者災害補償保険)の対象となる通勤上の災害(通勤災害)

 労災(労働者災害補償保険)の対象となる通勤上の災害(通勤災害)って言うのの条件だが・・・。

 基本的には、会社と自宅の往復の間の事故が対象。

 問題になるのが、寄り道をした場合だが。

 日常の買い物などのための寄り道は労災の対象になる。

 娯楽のための寄り道はNG。

 生活上やもおえないと認められる寄り道『子供を託児所に預ける』『仕事上の事情で、自宅以外の宿泊地から通勤する場合』『病院へ通う』などは通勤災害と認められる。

 会社のレクリエーション活動なども2時間以内なら認められた例がある。

 ストや工事で通常の通勤経路を外れた場合も認められる。

 *寄り道して、用を足している間の事故は通勤災害とは認められない!

 ま、基本的には、会社の行き帰りには、できるだけ寄り道しないのが無難。

関連記事

noimage

管理人は見た!あきれた生活保護受給者の例

noimage

東日本大震災で償却資産を破棄した場合の計算

noimage
noimage

減価償却は収得日にご注意

noimage
サラリーマンなら財形貯蓄でお金をためよう

サラリーマンなら財形貯蓄でお金をためよう

noimage
noimage
noimage

配偶者控除と配偶者特別控除

noimage

組み戻しって何?銀行振り込みの手続き手数料

noimage
noimage

香川銀行のインターネット支店/『セルフうどん支店』

noimage
noimage
インフレとデフレ

インフレとデフレ

Menu

HOME

 TOP