労災(労働者災害補償保険)の対象となる通勤上の災害(通勤災害)

 労災(労働者災害補償保険)の対象となる通勤上の災害(通勤災害)って言うのの条件だが・・・。

 基本的には、会社と自宅の往復の間の事故が対象。

 問題になるのが、寄り道をした場合だが。

 日常の買い物などのための寄り道は労災の対象になる。

 娯楽のための寄り道はNG。

 生活上やもおえないと認められる寄り道『子供を託児所に預ける』『仕事上の事情で、自宅以外の宿泊地から通勤する場合』『病院へ通う』などは通勤災害と認められる。

 会社のレクリエーション活動なども2時間以内なら認められた例がある。

 ストや工事で通常の通勤経路を外れた場合も認められる。

 *寄り道して、用を足している間の事故は通勤災害とは認められない!

 ま、基本的には、会社の行き帰りには、できるだけ寄り道しないのが無難。

関連記事

noimage

国民年金滞納者、差し押さえ予告督促状送付予定

noimage
noimage

高金利定期預金のわな

noimage

ビットコインメリット・デメリット

noimage

老後も安心介護特約のわな

noimage

手厚い人員に加算がつく・2012年診療報酬改定

noimage

東京電力の財形貯蓄の金利はなんと年8.5%ですと

noimage
noimage

Gポイントポイント交換キャンペーン中

noimage

医療用の死体の闇取引、1体いくら?

noimage

身近になった貸し金庫

noimage

株の配当金の受け取り方法

noimage

しまむら店員土下座写真投稿・土下座強要容疑で逮捕

noimage

還付金が入金された

noimage

JIPC(日本インターネットポイント協議会)ってなに?

Menu

HOME

 TOP