地震補償保険は単独加入・被災後の引越し費用にも使える

 災害時に使える保険のひとつに地震補償保険というのもある。

 地震補償保険は、損害保険会社が販売する地震保険とは違い、少額短期保険業という保険業者が扱っているもので、地震保険や共済とはちょっと性質が違う。

[スポンサーリンク]

少額短期保険業とは何か?

平成18年4月1日保険業法改正によって内閣総理大臣の登録を受け、保険金額が少額かつ保険期間が短期の保険のみ引き受けを行う事業者。

地震補償保険の特徴

・火災保険・共済に加入していなくても、単独で加入できる。

・補償額は、最大300~900万円位の小額が多い。

・被害の認定は、全壊・大規模半壊・半壊の3区分で市町村の発行する罹災証明による。

・地震保険料控除は受けられない。

・保険料は地域と建物の構造による。

・少額短期保険業社がつぶれたり、保険給付の支払いが出来なくなったりした場合、国の保証は無い。

・建物・家財だけでなく、地震で被災した後に必要な費用に使える(引越し費用にも使える)。

・保険金は地震保険とは別枠で支払われる。

使い道は・・・。

 引越し費用などにも使えるってことが最大の魅力かも。

賃貸住宅専用の小額短期保険もある。

保障内容は各保険会社に確認を

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

自賠責保険も適応されない交通事故の保障はどうなる?
自賠責保険の保険料と加入窓口

自賠責保険の保険料と加入窓口

自転車の保険「TSマーク付帯保険」
夫の生命保険料の支払いは夫の親で保険金の受取人が妻
飲酒を勧めた人、同じ車に乗っていた人も飲酒運転と同罪です
簡保の生命保険、受取人を指定するとどうなる?
生命保険の受取人にご注意

生命保険の受取人にご注意

違反としたほうが自動車保険は得になる
保険会社が破綻した場合の保護制度・保険契約者保護機構
JCA日本サイクリング協会の自動加入自転車保険
JAの建物更生共済-補償範囲が広く、保障金額も高い、災害保険
障害年金と民間保険の後遺障害補償を比較してみよう
入院給付金は税金を払うのか?

入院給付金は税金を払うのか?

生命保険などの死亡時保険金は契約関係で税金が相当違う
noimage

Menu

HOME

 TOP