スポンサーリンク

ソフトバンク・携帯電話分割購入代金未払い誤情報を信用情報機関に登録

 携帯電話の分割払いでの購入金額もクレジットカードやローンの審査のときに影響を与える。

 信用情報機関には、携帯電話の分割払いの購入金額の未払いなどの情報も載る。

 要は携帯電話の分割払いもローンの滞納として扱われるってことだ。

 うーん、前もこんな記事書いたなあ。

 で、今回は笑えない携帯電話の分割払いが未払いになっているという間違った情報が信用情報機関に登録してしまったという話。

ソフトバンク・携帯電話分割購入代金未払い誤情報を信用情報機関に登録

 “ソフトバンクモバイルは1日、携帯電話の分割での購入代金が未払いになっているとの誤った情報を信用情報機関に登録していたと発表した。
 対象は2009年10月~13年8月に契約した6万3133件で、うち1万6827件でクレジットカードを作れないなどの影響が出た可能性があるという。”

影響はクレジットカード作成に限らないかもよ

 あっちゃ!!!

 いやー、クレジットカードの作成程度ならともかく(いやいや、大事な問題だけど)。

 住宅ローンの審査もその誤った情報のせいで通らなかった人がいたりしてね。

 ソフトバンクの携帯電話の分割払いをしてる人、もし、クレジットカードの審査や住宅ローンの審査に通らなかったら、もしかすると、この誤った情報が信用情報機関に登録されちゃったせいかも。

 これって、賠償の対象とかになるのかね。

 各信用情報機関も個人情報開示に応じているので調べてみたほうが良いかも。

 日本の信用情報機関は大体3つ。

 それぞれの信用情報機関の内容や個人情報開示については過去記事見てみてね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする