幅広い業種からの個人の信用情報を登録している日本信用情報機構(JICC)

クレジットカードやローンの審査で重要な役割を果たす個人の信用情報。

 その個人の使用情報を管理しているのが、個人信用情報センター、「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」「日本信用情報機構」の3機関。

 それぞれの役割を見てみよう。

 ・全国銀行個人信用情報センターはいわば、銀行系の個人情報を管理保管しているもの(こっちの過去記事見てね)。

 ・CICクレジットカードや信販関係の個人情報を管理する(こっちの過去記事見てね)。

 残るは「日本信用情報機構」。

日本信用情報機構(JICC)の役割

信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など与信事業を営む幅広い事業者が加盟。
 特に、消費者向け貸金業者の加盟は、信用情報機関でナンバーワンの加盟率。

 信用情報の登録などは、、「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」と同じようなシステムだが、業種を問わない、連携した信用情報を管理している。

日本信用情報機構(JICC)の情報登録期間

契約継続中及び完済日から5年を超えない期間。
 ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間。

個人情報開示

・携帯電話による個人情報開示申し込み、郵送、窓口での個人情報開示手続きに応じている。

日本信用情報機構(JICC)の問合せ先

相談窓口
住 所 :〒101-0042        
東京都千代田区神田東松下町14 東信神田ビル2階       
株式会社 日本信用情報機構 お客様相談室  
受付時間:10:00~12:00/13:00~16:00 月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
電話相談
0120-441-481、03-6701-0702
・音声ガイダンス⇒24時間
・オペレーター受付⇒土日祝祭日を除く、10:00から12:00、13:00から16:00
日本信用情報機構(JICC)HP上でメールでの問い合わせにも応じている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする