銀行・金融機関ホームページのフィッシング詐欺対策・EV SSL証明書

 銀行などのホームページの偽者を作って、IDやパスワードを入力させるというフィッシング詐欺が増えてきている。

 各銀行とも、対策を色々立てているようだ。

 EV SSL証明書もそのひとつ。


EV SSL証明書とは?

? そのウェブサイトの運営者が実在しているかどうか、厳格な認証プロセスを経て発行される証明書のこと。
 もちろん、紙の証明書ではない。
 ホームページにアクセスしたときに、パソコン上に示されたページの?アドレスバーが緑色に変化する。
 同時に、鍵付のアイコンが表示される。

EV SSL証明書対応ブラウザについて

・Internet Explorer7以降 ・Firefox3.0以降 ・Safari3.2以降
※ Internet Explorer7.0より前のバージョンのブラウザでは、EV SSL証明書は既存のSSLサーバー証明書と同じように、鍵マークのみが表示される。
 アドレスバーは緑色にならないのでご注意。


 パソコンの設定によっては、アドレスバーの色が変わらない場合もある様子。

 でも、管理人のパソコン環境では、特に設定をいじることなく対応した。

 皆様、銀行などの金融機関のホームページにアクセスして、アドレスバーが緑色に変わらなかったり、鍵マークがでない場合はくれぐれもご用心。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする