スポンサーリンク

個人向け国債を国に買い取ってもらう方法

 個人向け国債の場合、利付国債と違い市場で売買するわけには行かない。

 では、満期まで個人向け国債の換金の方法が無いのかといえば、ちゃんとある。

 ひとつは、国に買い取ってもらう方法。

個人向け国債を国に買い取ってもらう方法

・本人確認書類や印鑑を持って口座のある金融機関に行き、中途換金の手続きをすると、4営業日ほどで預金口座などにお金が入金される。

・中途換金は1万円単位。

・個人向け国債は発行から1年経過すれば中途換金ができる。

・災害救助法の適用対象となる大規模災害に遭った場合や、保有している人が亡くなった場合、1年経過する前でも換金できる。

・中途換金には手数料はらないが、「直前2回分の税引き前の利子の金額×0.79685」を返さなければいけないというペナルティーのようなものが発生する(中途換金調整額)。

・中途換金調整額をひかれても、元本割れになることはありません。

・個人向け国債を中途換金した際に受け取れる金額は、【額面金額 + 経過利子相当額- 中途換金調整額(ペナルティの額)】  
 (※1円未満切捨て)。